58ザンビア

2014年7月 8日 (火)

ザンビアの首都ルサカへ(ザンビア)

昨夜19時ジンバブエのハラレ発バス・20ドル→今朝10時ルサカ着→(徒歩)宿→町歩き

***

ザンビアの首都ルサカへやってきました。
昨日夜7時にジンバブエのハラレを出発したバスは午後11時ごろ国境到着。

国境のゲートは閉まっていて、その前でバスが停車すると、乗客が降りてゴザなどを敷いて眠り始めた。

012_2
何をやっているのか聞いたところ、国境は昼間しか開いておらず、夜は閉鎖。明日の朝6時までここで待機だって。
何~!そんなの聞いてないぞ~。切符を買う前に宿で確認したところ、

「ルサカ行きのバスは一日二本。朝7時発と夜7時発で、夜7時発のバスは翌朝7時にルサカ到着」と聞いた。

乗客に確認したところ、朝7時のバスに乗れば、国境が閉まる前に通過するので、その日のうちにルサカに着くという。
じゃどうしてみんな朝便に乗らないのか聞いたところ、たいていの乗客は乗り継ぎでタンザニアまで行くので、宿代を浮かすために夜便に乗っているという。

もう一泊ハラレに泊まって朝便でゆっくり来ればよかったと思いながら、寝袋にくるまって車内でウトウト。
夜中の二時になって、車外で寝ていた人たちがバタバタと車に乗ってきた。何事?

010
でっかい象がバスの周りをウロウロ。食い物をあさっていた。

朝6時にゲートが開いて国境通過。闇両替商に、ドルをザンビア・クワチャに交換してもらおうとしたが、レートが予習してきたものと全く違う。
10ドルが50クワチャだという。アプリの為替計算機で計算しても、三ケタぐらい違う。でも、地元の人もそのレートで両替している。
後で聞いてわかったが、ザンビアでは最近デノミを実施して、ゼロを三つ無くしたそう。
てっきり騙されそうになったのかと思った。

そしてバスはルサカへ到着。宿に荷物を置いて町歩き。

033
首都とは思えないほどの普通の町。一応ビルもあるが、それほど都会でもない。でもマダガスカルの町々を経験した今では、それほど驚かない。

014
近代的なショッピングモールが出てきた。

016
中のスーパーでサンドイッチとコーラを買って朝飯。
腹ごしらえが済んだところで町歩き。

024
庶民のマーケットエリアへ行ったところ、おびただしい数の古着屋。
アフリカの町の路上で売っているものはどこもだいたい同じ。携帯カバーに海賊版のDVDや音楽。

017_2
この路上靴屋は万引き防止のため、片方ずつ遠くに置いている。ちょっとした神経衰弱で売る方も混乱しそう。

018
おばさんが、おいしいよ~、と言うので近寄ってよく見たら芋虫だった~。

正直ちょっとアフリカの町歩きにも飽きてきた。あの強烈なマダガスカルの町々を見たあとでは、それほどワイルドには見えない。
かといって、何もせずにのんびり過ごすというのはアフリカではちょっと。シャンゼリザ・クロワッサン派なもんで。

とうわけで、さして観光する場所もない町はどんどん先へ行きます。
明日は朝4時のバスでマラウイのリロングエへ。ガイドブックがないので、どんなところかは行ってからのお楽しみ。

今日の宿 Flinto Stones ドミ60クワチャ・1200円。

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014年5月 3日 (土)

ビクトリアフォール見物(ジンバブエ)

ホステル→ジンバブエ側から滝見物→ザンビア側から滝見物→町で両替→ホステル

***

今日はビクトリアフォール見物。
滝は、ジンバブエ側とザンビア側の両方から見ることができるが、両方ともまだ見てなくて、橋を渡って素通りしてきたので、今日見ることに。

まずはジンバブエ側から。国境のイミグレ少し手前に入口があって、入場料30ドル。

220

今は雨季の最後の方なので、水量が多い。

229

天気は晴天なのに、滝の周りは土砂降りのごとく水しぶきが舞っていて、ずぶ濡れになる。

230_3

時々風が強く吹いて水しぶきを跳ね飛ばす一瞬には視界が開ける。

240

水は轟音とともに滝へ落ちるが、滝壺はよく見えない。

243

カメラはビニールをかぶせている。そうしないとビショビショで壊れる。

250

橋を渡ってザンビア側へ。
みんなが見ているのはバンジージャンプ。ワシは高いところが苦手なので、怖くて橋の真ん中を歩いているのでバンジーなんか見えないし、見たくもない。
昨日タクシーの運転手が、今年に入って一回事故があって、ゴムが切れて一人が川へ落ちたそうだが、幸いにも助かったと言っていた。

252

国境にはこういうやつが何匹もいる。
イミグレを抜けてすぐの場所にザンビア側の入口があり、20ドル支払。

255

256

こっちも土砂降り。

262

265

滝に落ちる直前の場所。

266

そしてまたザンビア側のイミグレを抜けて、ジンバブエ側へ戻ってきた。どちらの国の入国にもビザが必要なので、無計画に行き来しているワシはビザ代で損をしている。行く回数を考えてマルチビザを買うべし。

270_2

これは帰りの橋の上から撮ったもの。橋の上からが滝壺が一番よく見える。
今日は滝を見物に行ったのか、ずぶ濡れになりに行ったのかよくわからん。
ずぶ濡れ度はイグアスの滝よりも上。何枚かの写真はカメラをビニール袋に入れて撮った。

滝の大きさはイグアスの方が大きいが、迫力はどっちとも言えない。水しぶきはこっちの方が派手かな。

町へ帰って来て、余ったクワチャ(ザンビアの通貨)をドルに替えようと思って、スペンサーという男に、コメサマーケットの闇両替商へ連れて行ってもらって両替。
なぜかサイフにナミビアの紙幣も入っていたので、それも両替しようと思ったが、両替してくれる場所がなかったので、スペンサーにチップと一緒にあげた。
両替して11ドルを手に入れたが、案内してくれたスペンサーに4ドル相当のチップを払った。なにやってんだか・・・。

今日の宿 VictoriabFalls Rest Camp ドミ17ドル

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014年5月 1日 (木)

ビクトリアフォール到着(ジンバブエ)

29日朝10時発インターケープ社バス(850ランド・8500円、約20時間乗車)→ヴィントフック(ナミビア)着30日午前8頃→ヴィントフック散策→ヴィントフック発インターケープ社バス午後1時発(630ランド・6300円、約19時間乗車)→リビングストン(ザンビア)着1日午後1時ごろ到着→(タクシー)ボーダー→歩いて橋を渡ってジンバブエへ→ホステル

***

ナミビアのヴィントフック到着。バスは町の中心に着く。5時間ほど時間があるので町を散策。

044_2

新聞売りに聞いたら、この国は英語。新聞を買った。

喫茶店で朝飯→郵便局ではがき出し→大通りを散策。

049_2

スーパーで買い物。物価はけっこう高い感じ。

051_2

バーでビールを飲んだ。

そしてまたバスに乗ってザンビアへ。
ザンビアでバスを降りたら、ものすごい数の客引き。一番しつこい男の車で国境へ(10ドル)。

099

橋の真ん中で、頭のおかしい人がバンジーをやっていた。

092

093

ビクトリアホールへ到着。ホステルへ。

道を歩いていたら、明日のチョベ行きのツアーがあるという客引きがいた。
面倒だったので、そいつのツアーで行くことに(120ドル)。

客引きはジョージと言うが、その男に、おいしいアフリカ料理の店へ案内してもらった。

113

シーマというらしい(メシ4ドル・ビール2ドル)。

114

ジョージも食いたいというのでおごってあげた。

今日の宿 VictoriabFalls Rest Camp ドミ17ドル

気軽にコメントしてね~。

↓ クリックも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ