62モザンビーク

2014年6月 1日 (日)

マプト(モザンビーク)からヨハネスブルグ(南アフリカ)へ

マプトのインターケープバス停発7:00→ヨハネスブルグのParkStation着18:30→(タクシー)宿

***

ヨハネスブルグへ戻ってきました。今日は中国江西省から来たHAO君(20代後半・会社を辞めて長期旅行中)と一緒に移動。
昨日宿でHAO君と話をしていたら、HAO君も同じインターケープのバスに乗ると判明。
HAO君はプレトリアまで行き、そこからケープタウン行きのバスの乗ると言うので、何でヨハネスから行かないの?って聞いたら、ヨハネスは危険で怖いからだって。

大丈夫だからとそそのかして、ヨハネスの同じ宿へ行くことに。
宿は迎えの無料サービスがあるが、電話するのが面倒なのでタクシーで行こうと思っていたが、HAO君に無料の迎えがあるよと言ったら、Skypeで電話してくれた。

HAO君もSamsungのスマートホンに現地で買ったシムカードを入れて、ボーダホンの回線を買ってパソコンでWi-Fiを使っている。
それをやると、スマートホンがHOTSPOTの発信機になって、横でパソコンでWi-Fiが使える仕組み。見ていて便利なんで、ワシもスマートホンを買おうか考えてます。サムソンなら200ドルも出せば買えるそうなので。

シムカードとWi-Fi(3Gもしくは4G)の回線はその国ごとに買いなおす必要があるのでお金はかかるが、それをやれば、Wi-Fi捜して自然史博物館に行かなくて済む。
どこでもWi-Fiが使えるし、電話もできる。
でも、マダガスカルには間に合いそうもないので、その節は留守ポチをよろしくお願いします。

HAO君は二か月かけてケニアのナイロビから南下してきた。
ナイロビに二か月前にいた時、夜レストランで食事をしていたら、隣のレストランで爆弾が破裂して17人が死んだそうです。もうやだ~。

HAO君に聞いたけど、中国人が海外を旅行するのはけっこう大変だそうです。
何が大変かというと、ほとんどの国でビザが必要で、日本のように、ビザ相互免除の条約が結んでいない国が多い。

例えば、日本人ならビザ不要の南アフリカのビザをもらうのに、タンザニアで三週間待たされたそうです。
それでもビザが降りればいい方で、アルゼンチン、チリへはビザが降りずに行けなかったそうです。日本人でよかった~。

***

今日は移動しただけですので、昨日のマプトの続きをどうぞ。

023
町を歩いていたら、大音響で音楽を鳴らして人だかりがしていたので行ってみた。
すると、大勢の人が路上で朝からビールを飲んで酔っ払っていた。

中の一人が話かけてきた。
「アフリカはいいところだろ?アフリカの女はきれいだろ?」と言って、ど迫力ボディのきれいどころを二人紹介してくれた。

適当にあしらっていたら、「一杯飲んで行け!」。
「朝っぱらから飲めないよ」と答えたら、「そいじゃ俺に一杯おごってくれ」。
なんじゃそれは。ビール一本50メティカル・164円たかられた。ダメな私。腹いせに写真撮っておいた。

026
エッフェルが設計したという鉄道駅。どんな列車が走っているのかと中に入ったがホームまで行けず。
遠くから見た感じではかなりくたびれた列車みたい。

032
中央市場に行ってみた。野菜から魚まで売っている。ただし、パパイアは大きさ、クオリティーとも中南米の勝ち。
ここのは小粒でおいしそうじゃない。

市場の一角にある、カツラと付け毛ばっかりを売っている場所。

033_4
アフリカに来て時々疑問に思っていたのは、女の人の髪の毛。、つややかな直毛のショートヘアの人がいるけど、子供を見るとみんな縮れ毛。
大人になったら直毛になるんかなあと思っていたが、あれはカツラやったんやね。

035_5

時々ガスボンベを頭に乗せて運んでいる人を見かける。あれで30キロぐらいはあるはず。大丈夫かいな。
こっちの人はなんでも頭の上に乗せて運んでいる。

036_2
リキシャもいっぱい走っています。

040_3
城塞に入ってみました。入場料はドネーションでいいと言うので、要らなくなったスワジランドのコインもおまけして入れておきました。

説明がないのでサッパリわからず。港のすぐ近くに建っているので、昔は港を守っていたんでしょう、きっと。

045_2
また屋台で昼飯。スパゲッティー。上に乗っているのはたぶん羊の肉とスープ。うまい!スパゲッティーは60メティカル・198円。ビールは50メティカル。

048_2
エッフェルが設計したという鉄の家。100年以上経っているのに傷みがない。中は公開してなかった。

マプトは普通に歩くのが楽しい町でした。私の場合は町歩きが一番好き。
南米のように、あっちへ行っちゃダメ、こっちは歩くななんて言われるとおもしろくない。

さて明日もう一日ヨハネスで準備して、明後日からマダガスカルです。

今日の宿  Brown Sugar Backpackers ドミ 170ランド・1700円

気軽にコメントしてね~。

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014年5月31日 (土)

マプト散策(モザンビーク)

今日は一日マプトの町を歩きました。

昨日の薄い内容にちょっと補足。
スワジランドのマンジーニからモザンビークのマプトまで、検問がものすごく多くてびっくり。
それがいつものことなのか、昨日は特別なのかは不明ですが、たぶん10回以上あった。

そうして昼過ぎにマプトに着いてバスを降りたが、そこがどこなのかサッパリわからない。
バスセンターでも何でもない道端。あたりは露店がいっぱい。人でごった返している。(あとでわかったが、鉄道駅の近く)

困った顔してキョロキョロしていたら、露天商のおっちゃんが「どうした?」。
まずはその露天商のおっちゃんに両替したいと言ったら、すぐに指笛をビ~と鳴らして闇両替商を呼んでくれた。

次に、トイレに行きたかったので、「トイレはどこ?」と聞いたら、自分の店をほったらかしにして有料トイレまで連れていってくれた。
最後に「ここはどこ?」とiPadminiの地図を見せたら丁寧に教えてくれた。

アフリカでは、こうしたことがごく当たり前に起きる。みんな親切に教えてくれる。
同じことが他の国で起きたらどうかと考えてみた。

日本だったらどうか。外国人がバスを降りて困っていたら。たぶん日本人は「どうした?」と聞く。聞かないかな~。
他の国はどうかとあれこれ考えてみたが、アフリカの人たちほど親切ではない気がする。
そりゃあ全員が全員じゃないけど、おおむねいい人たち。

昨日は夕方まで町を歩いたが、ものすごく解放感を感じた。理由はわからないが、この町はなぜか落ち着く。

***

そして今日も朝から歩いた。

これは昨日も載せたサモラ・マシェルの像。カストロそっくり。その後ろは政府の建物だそうです。

007
革命があったようですが、詳しいことは知りません。

016
屋台通り。アフリカ感満載。

030
羊の肉。頼むと切って皿に盛って出す。美味そう。

043
羊の頭の丸焼き。これが美味そうだったが、朝からはちょっと。

015
結局これにした。鶏ベースのスープにマカロニのようなもの。ものすごく美味かった。
25メティカル・82円。昨日8000円分を現地通貨に両替したが、多過ぎた。宿代払って晩飯食べても4000円以上残っている。
南アフリカと違って、屋台で食べるなら食費はかからない。

014
この人たちと一緒に食べた。

037
土曜日は観光客用に市が立つ公園があるのでそこへ。

039
しかられないように撮っております。

020
「アミーゴ」とあちこちから声がかかる。ここはポルトガル語ですが、英語は普通に通じる。

写真が多くなったので続きはまた明日。なにぶんにも自然史博物館の庭でWi-Fi拾ってやるので、写真の貼り付けがたくさんできません。
ブログ更新のあとはどこぞのレストランで昼ビールしてくつろぐ予定。

003
これが無料Wi-Fiが飛んでいる自然史博物館。昨日は階段に座ってやっていたら、女の人が出てきて「階段に座るな!」というので、鹿の像の横で立ってやりました。
「やるな!出て行け!」と言わないだけアフリカの人ってやさしいなあ。
今日はお礼に博物館も入場してあげました。剥製があるだけで大したことはない。

明日はインターケープの大型バスでヨハネスブルグへ戻ります。

今日の宿 The Base Backpackers ドミ 400メティカル・1320円

気軽にコメントしてね~。

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014年5月30日 (金)

マンジーニ(スワジランド)からマプト(モザンビーク)へ

エズルウィニ6時→マンジーニでミニバス乗り換え→マプト着13時→(リキシャ)宿

***

モザンビークのマプトにやって来ました。

一昨日、ふと思って調べたところ、モザンビークはビザが要ると判明。
大使館で取れば3000円程度らしいが、国境で取ると一万円近くするらしい。

ダメじゃん。かといって今更大使館へ行く時間はないので国境突破で行くことに。
マンジーニでミニバスに乗って走ること二時間でモザンビークのイミグレ到着。

ビザをくれ!と言ったら、なんと9800円!こんな高いビザ初めて。
その場で写真を撮ってくれて15分ぐらいで手続き完了。しかもお釣りがないなんて言うので結局1000ランド(一万円)支払。
たった二日間マプトに滞在してヨハネスに帰るのに、もったいない。
ちゃんと下調べせんからや!

昼過ぎにマプトへ到着。バスを降りたが、現在地がまったくわからず。
とりあえず屋台のおじさんに聞いて、闇両替商で両替。100ランドが300メティカル。1メティカル3.3円ぐらい。
これはたぶんあんまり良くないレートだろうけど、細かいことはまあいい。二日しかいないから。

あたりを散策。

都会ですが、アフリカのワイルド感たっぷりの町。

012
015
019
020

宿への行き方がサッパリわからないので、リキシャ(原付三輪車)に乗って宿へ。

023
サモラ・マッシェルという英雄だそうです。

そして宿へ到着。ここも杉山君のサイトで調べた宿。とってもいい宿ですが、Wi-Fiがない。
マプトはけっこう危ない町で、日が暮れると外出はできないので、明るいうちにネットショップへ行ってブログを更新しようと思ったが、さんざん捜せど無い。

歩いていたら、自然史博物館というのがあって、ひょっとしてWi-Fi飛んでないかと、博物館の外でやってみたら、使えるがね。

今日は以上の事情により薄い内容ですが、また明日今日の後半分も書きます。

今日の宿 The Base Backpackers ドミ 400メティカル・1320円

気軽にコメントしてね~。

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ