7ポルトガル

2013年6月18日 (火)

リスボンからセビリアへ

ホステルチェックアウト→リスボン・サンタアポローニャ駅(荷物預け)→ジェロニモス修道院→ベラルド美術館→市電28番で町歩き→21:18分発の夜行列車でマドリードへ(明朝8:10着予定)そこからセビリアへ

045                 (発見のモニュメント・右から三人目がバスコ・ダ・ガマ)

     最初に胡椒を使った人は どんな料理にふりかけてみたのだろうか
     バスコ・ダ・ガマがインド航路を開く目的の一つが胡椒だったという

     What kind of dish the first person who used pepper was?
           They say that one of the purpose of finding the Indian Ocean rout
            by Vasco da Gama is pepper

今日は朝ホステルで書いています。したがって、行動のところは予定です。駅に荷物を預け、昨日回れなかったところを回って、のんびりして夜行列車に備えます。今回、寝台が売り切れで座席での夜行です。座席は45度までは倒れるそうです。

054 052

昨日夕方の街の様子です。路上レストランの通りと、セグウエイで市内を観光する人たち。

今日は「地球の歩き方」について書いておきます。以前、(聞けばいいから、地球の歩き方は要らない)と生意気なことを書きましたが、撤回します。
地球の~は私には必須です。毎日ものすごくお世話になっています。
というのも、私はほとんど毎日6時頃に安宿を出発して観光に出かけています。長年の勤めの習慣で早く目が覚めるし、安宿は泊まるには良いところですが、くつろぐという点ではイマイチなので、早目に出ていってしまいます。

ところが、そんなに早く観光地へ着いても、インフォメーションセンターは開いておらず、地図が手に入りません。聞こうにも、ろくに人がいません。
昨日も、シントラという世界遺産の街に朝7時に着きましたが、山の頂上にあるお城まで行くバスの始発が、2時間後。しかたなく、地球の~を片手に歩いて行きました。もっとも、お城に着いても開場30分前で、さすがに入場料のいるところではこれはやりすぎでした。

他にも、観光地で何を見たらいいのか、どうやって切符を買ったらいいのかを調べたりと役にたっています。レストランやホテルのところは読みませんし、観光のところも参考にする程度です。これは必見、などど書いてあると、何をぬかすか、とヘソをまげて見ないことも多々あります。あんまり定番になってしまうのも癪なので。
ガイドブックは全部が地球の~ではなく、一部他社のものも持ってきています。検討する時間があまりなかったので、大半を地球の~にしただけです。
地球の~には批判があることも知っていますし、使いかってが悪いところもあります。でも、これがないと、今のようにポンポンと次の街へ行く旅はむずかしいです。

今ホステルの朝飯を食べてきましたが、食材が置いてあって自分で調理する方式。卵2個焼いて、パン、コーヒー、オレンジジュースで済ませました。ドイツ人の家族が歩き始めたばかりぐらいの、かわいい子と食べていました。
ここは小さなホステルで、宿泊客は全員でも10人程度です。スペイン、ポルトガルでは、日本でいうところの民宿みたいなものや小規模のホテルをホステルというみたいです。ユースホステルというのは正式にはユースホステル協会に入っているような大規模のもので、公的機関が運用しているようです。民営の小規模のものは自称ユースホステルのようです。私の場合、その区別がよくわからないので、自称を採用しています。
日本は暑いみたいですが、リスボンはそんなに暑くないです。
今日のリスボンは雨。坂が多いし、石畳はすべるので、駅まではちょっと厄介かな。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年6月17日 (月)

ロカ岬日帰り

ホステル→リスボン・ロシオ駅→(列車)シントラ駅→(徒歩)ペーナ宮殿→ムーアの城跡→シントラ駅→(バス)ロカ岬→(バス)カスカイス駅→(列車)リスボン・ベレン駅→(徒歩)海洋博物館→ジェロニモス修道院(休館)→ベラルド美術館(休館)→発見のモニュメント→ベレン駅(列車)→カイス・ド・ソレ駅→(地下鉄)バイシャ駅→(徒歩)ホステル

039 

                   (ロカ岬)

      ロカ岬へのバス停で話かけてきたのは日本人だった
      サンチャゴまでの100キロの巡礼路を
      バックパックをかついで 五日かけて歩いたという
      65歳 男
      かっこ良かったなあ

      It was a Japanese who talked me at the bus station to Roca
             He said he walked 100kiro on the pilgrimage road to Santiago
             with his backpack on his back
             65years old   man
             It's so cool

昨晩のイワシの件ですが、あれから町へ出たら、町中イワシで一杯。「イワシ10年祭?」の看板があったり、一番の目ぬき通りのアウグスタ通りにイワシが飛んでいたり。あとで、ユースのお姉さんに聞いたら、6月は昔リスボンにいた聖人だか偉人だかを祝うフェステバルの月で、その一環としてイワシをみんなで食べる習慣だそうです。
観光名所のサン・ジャスタの展望エレベーターの周辺の路上レストランにはどの店のメニューにもイワシの丸焼きのメニューがある。最初、エレベーターの前の店で食べようかと、見上げていたら気持ち悪くなったので。エレベーターの見えない路上レストランで食べました。
まるまると太った子持ちイワシ4匹のプレートが9ユーロ(1300円)。
ニンニクとオリーブオイルでまぶして焼いて出てくるのかと思ったら、日本と同じで何もつけずに焼いただけ。どうやって食うのとバングラディッシュから出稼ぎに来たというウェーターに聞いたら、オリーブオイルでも塩でもお好きなようにだって。オリーブオイルかけて食ってみたら、まずい。あかんやん。イワシの丸焼きはやっぱり醤油でしょう。次に塩をかけて食べてみた。いける。でもやっぱり醤油の方が・・。みなさん、もし6月にリスボンへ行かれるならぜひ醤油持参で。
でも後で路上レストランを見て歩いたけど、もっと美味そうなものが一杯ある。イワシ食ってる場合じゃなかった。

009 007_2

さて今日はロカ岬に行ってきました。
今日は観光はあんまりおもしろくなかったので書くのやめときます。シントラという駅から、その町の山のてっぺんにある城壁とお城まで往復歩いて疲れたのが原因です。あのコースを歩く人はそんなにいないと思いますが、早朝攻撃をかけすぎて、バスがなかったので歩きました。ロカ岬もイマイチだったかな。

へとへとになって疲れて、バイシャ地区へ帰って、「イワシよりも美味しいものを食わせろ作戦」を実行しようと、昨日の路上レストラン通りへ行った。でも今日はそこで食べている人がほとんどいない。よくよく考えると、昨日は日曜日で人出が多かったからかもしれない。きのうあれほど美味そうにみえたレストランのメニューを見ても、そそられない。人がいないとはそういうことか。昨日のバングラディッシュのウエーターが「ハロー、フレンヅ」なんて言って寄ってくるが食べる気にならない。疲れたのでパエリアを食べようと思っていたが、ビールと合わせて3000円はもったいない。
明日、夜行列車に乗るので、明日の夕方ブログの更新ができるだろうかと、ロシオ広場のマックへ行ったら、今日から二週間改装工事だという。他に市内にマックはないかと聞いたら、カルモ通りの百貨店の中にあるという。カルモ通りは名古屋で言えば広小路みたいなところで、H&mや日本の「無印良品」なんかが並ぶ。言われた百貨店のマックで試してみたが、Wi-Fiは使えず。でも、そこにフードコートがあった。中の一軒に白米、野菜、焼き肉などを出す店があって、横で見ていると、若い人が一皿5ユーロ(700円)ぐらいで美味そうなプレートを食べている。ものすごく食べたい。いつもなら、人の食べているものを指さして頼むが、ここは食べる場所が少し離れている。さらに悪いことには、先にレジで払う仕組みで、しかもレジを打つ人と作る係りの人が違う。
しばらく横で見ていたが、注文の仕組みがまったくわからない。レジ払った人は厨房の人にレシートを見せて、一言二言言うと、食材を冷蔵庫から出してきて調理して皿に載せる。一皿に数品載るが、出来上がりは皆違う。美味そうなプレートを買った人のレシートをもらって、これをくれとやってみたが、通じない。ものすごい敗北感。
あきらめて、路上レストランに行ってはみたが諦めきれず。今ここで諦めたら、きっと屈辱感で寝れないだろうと通りをウロウロ。
しばらくしてまた行ったら、客がいなくなっていて、厨房係りのおばさんがレジを打っていた。こりゃいけそうだ。しばらく待っていたら、理想的なプレートを頼んだ人がいたので、この人と同じやつ頼むとジェスチャー。ちなみにこのおばさんは全く英語通じず。
しばらく待っていたら、前の人と同じビールだけが出てきて、プレートは出てこない。皿も頼むとジェスチャーしたがダメ。でも、ビールの値段みてびっくり。super bockていう銘柄で、路上レストランで飲むと4.5ユーロ取られるのに、ここは1.5ユーロ。ビールをレジの前で立ち飲みしながら、おばさんにあれこれ言っていたら、おばさんが怒りだして奥へ行ってしまった。
なんとしても食べたい。しかたがないので、理想のプレートをあきらめて、厨房まで入っていって必要最低限の食べたい品を指さしてやっと食べたのがこれ。4.9ユーロ。(700円) まあ、満足でした。

048_3

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年6月16日 (日)

ポルトからリスボンへ

ホステル→ポルト・サオベント駅→ポルト・カンパーニャ駅→(列車)リスボン・LisboaStaApolonia駅→(徒歩)サンタ・エングラシア教会→サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ教会→サン・ジョルジェ城→ホステル

005_2             (リスボン・サンタ・アポローニャ駅)

     目が覚めると 上のベッドで弱い寝息
     床には 女性用の小さな靴
     ゆうべ知らない間に誰かが泊まったのだな

     I woke and found a weak sleeping breath on the upper bed
     I found a pair of small lady's shoes on the floor
     Someone may check in late last night

今朝はポルトからリスボンへの列車の中で書いています。一等座席は横三列で、私の席は一人掛けのゆったりした席で快適。やればできるじゃないかポルトガル国鉄。ただ、もうちょっと窓を拭いておいてくれんと外がよく見えんがね。意外と揺れるし。
ヨーロッパを回る三か月は、ユーレイルパスとシェンゲン協定の関係で事前に計画を立ててまわっています。日本で計画を立てた時は、ちょっとハードかなと思ったが、全然ハードじゃない。もともと列車でアクセスの良い観光地を優先して選んでいるせいもある。体調はとても良く、会社勤めをしていた時のあの心身の不調は一体何だったんだろうかと。
ボーッとする時間は好きですが、ボーッとする時間が多すぎる。今朝も2時間前に駅に着いて、カフェを2軒はしごして、やっと列車に乗ったと思ったら、あと3時間もボーッとせにゃならん。
ゆっくり観光しても、どうかすると半日ぐらい時間が空いてしまって、こんなことなら次の町へ行ってしまいたいと思うこともしばしば。その時にネックになっていたのが宿の予約。私は1~2日前にネットで調べて安い宿を予約していますが、当日キャンセルできるのか、できたとしてもネットに繋ぐ必要があるので、そこに泊まらざる得なかった。
そこで考えたが、これからは予約を入れないことにした。事前に安い宿を2~3メモしておいて、当日行ってしまう作戦にする。今まで泊まった宿はどこも空いていて、当日行っても泊まれるようなところばかりでした。8月のハイシーズンになるとどうかわからないが、基本的に予約なしで行こうと。そうすれば旅がもっと自由になる。
ついでに書いておくと、鉄道はeチケット(ネットで予約して自分でプリントアウト)の人多いです。中にはiPhone見せて(これは違反らしい)終わりにしている人も多い。そういう時代なんですね。
あと2時間半ボーッとします。

リスボンに着きました。
駅舎は写真のように青く塗られています。駅前に海が広がっています。遠くにタンカー、近くにヨットが見えます。駅に荷物を預けて、写真左の丸いドームの教会をめざします。
エングラシア教会に入ると、中に数個の大きな石棺が安置されています。その一つにバスコ・ダ・ガマとあります。そこにガマの遺体があるのかと気持ち悪くなって係りの人に聞いたら、遺体は別の寺院にあって、ここの石棺は記念碑だそうです。ポルトガルに来てから、英語の通じる率が非常に高く、フランス、スペインよりも上です。それに、観光地の説明看板も英語表記が多いです。ま、英語が読めても、エンリケ航海王子が誰なのか知らないので意味ないですけど。
次にフォーラ教会。ここはめずらしく入場料5ユーロ取られました。中に入ると壁のあちこちに青いモザイクタイルがあって、どちらかというと博物館みたいな教会です。

010 013_2

左クリックすると写真が大きくなるので、よかったらやってみてください。モザイクを見て、教会の空見ていて気づいたんですが、タイルの色が空の色に近いです。空の写真なんか載せてもしかたないですけど、あんまりきれいなんで、教会から見た空を載せておきます。
続いて、サン・ジョルジェ城を目指します。城へ行く途中に庭形式のレストランがあって、そこから何かなつかしい、いい匂いがします。中へ入ったら、大きなイワシを焼いていました。食べたい。でも今日は昼から観光しているので、今食べると中途半端になるので我慢。
お城は、城が完全な形で残っているのではなく、城跡という感じで城壁が残っていました。歩いていると、誰かがクラシックギターでラテンの曲を弾いています。そして、イワシとニンニクを焼くいい匂いが漂っています。なんでや!城の中にレストランがあって、そこの換気扇が犯人です。耐えます。
そして、今夕方の5時を回ったところです。日本とは時差が8時間あるので、日本は今夜中の1時頃のはずです。ホステルに入ってブログを打っているところです。

017 014

左の写真は城から見た風景です。電波状態がいいので少し写真を増やします。見てやってください。
リスボンていいところです。青い空。海。坂。路面電車。英語。のんびりした雰囲気。
あ、そろそろバイシャ地区(展望エレベーターのあるところ・宿はそこから徒歩5分)へ行って、「なんでもいいからイワシの丸焼き食わせろ!作戦」を実行する時間です。ではまた明日。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2013年6月15日 (土)

サンティアゴ・デ・コンポステーラからポルト(ポルトガルへ)

サンチャゴ→(列車乗り換え一回)ポルト・カンパニャン駅→サン・ベント駅→ドウロ川ほとり→カテドラル→ボルサ宮→クレリゴス教会→市庁舎→ボリャオン市場→ユースホステル

004_3                (サンティヤゴの教会)

     朝5時 まだ暗い
     駅までの道には たくさんの若者
     一体彼らはこの巡礼の町のどこで朝まで飲んでいたのだろうか

     At five in the morning
          A lot of young pepple were on the way to the station
          Just where did they drink in such a town of pilgrimage

サンチャゴはいい町でした。夜は大勢人が出て、路上レストランはどこも一杯。だいたい私は早朝攻撃のやりすぎ。観光地に人が出てくるのは昼から夕方にかけてなのに、私ときたら昼までには終わってしまうパターンが多い。朝は光線もイマイチで写真もイマイチ。
昨日の夜、カテドラルに行ったら、朝とは違っていい光線だったので、載せておきます。夜8時なのに真っ青の空。

サンチャゴから列車に乗ってポルトへ。この路線は国境を超える路線なのに、みんなあんまりこのルートでポルトガルへ行かないみたです。一緒に列車に乗ったのは数人。途中の乗換駅でポルトまで乗り継いだのは二人だけ。
乗り換えたポルトガル国鉄の列車はこの旅で一番ひどいローカル列車。このくそ暑いのに暖房が入っていて、途中で誰かが文句を言ったら車掌が来て窓をあちこち開けていった。どういう列車なんでしょう。国境駅では制服警察官が二人乗ってきてパスポートチェック。一瞬ニセ警官かと思った。
車窓から見る家の壁が白くなり、ワイン畑が時々現れる。車窓からの景色はスペインの石ころだらけの山と違って背の高い木々も多く、まるで信州かどこかの日本の田舎を走っているみたいです。言葉も聞き慣れたスペイン語から聞き慣れない言語に変わった。
今、ここまで列車の中で下書きしていますが、暖房は暑いわ、風はビュンビュン入ってくるわ。大丈夫かポルトガル。それでもって、到着予定時間を過ぎてもポルトに着かずに田舎を走っているんで、寝ている間に乗り過ごしたかと思ったけど、駅のホームの時計で時差があることがわかった。あと一時間も乗るのか~。

ポルト到着

009 013

ポルトの旧市街にある駅(サン・ベント)は石づくりの古い駅で、駅舎の中に青い色のタイル細工の絵が貼ってあってきれいです。駅を降りて、カモメが飛んでいたので、海が見たくなって、一直線に海(ドウロ川)へ。河口が近いようで、カモメがたくさん飛んでます。
この町は旧市街が世界遺産になっているだけあって、大勢の人で賑わう観光地です。川にはクルーズ用の船がたくさん出て、遊覧しています。
街並みも古いです。さすがポルトガル。他国に先駆けて、世界へ大航海した往時の面影を残しています。このポルトはそもそもポルトガルの語源になっていて、ここから南へ向けて発展したのがポルトガルだそうです。ちなみにポートワインもここのものだそうです。
港の似合うワシにはぴったりの街です。坂が多い旧市街と新市街の間にドウロ川が流れていて、そこに大きくて美しい鉄の橋がいくつかかかっています。
ここの市役所も石造りで立派です。さすがに今日は住民票を出しているか確認するのはやめましたけど。
10時に着きましたが、12時には観光終了。さてどうしよう。

そこで今日は、性懲りもなく、「ポルト市民が食べている安くておいしい料理を食べよう作戦」実施。でも、ここもけっこうな観光地なので、どこも高い。さりとてむやみに行っても、スペインの二の舞。地球の歩き方によると、ボリャオン市場というのがあって、そこは庶民の買い物の場所で庶民的なレストランがあると書いてある。そこへ行けば魚市場もあって、その横には安い食堂があるはず。
作戦成功。6.5ユーロ(950円)で魚の定食を食べました。あ、ビールは別ですよ。

033_2

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ