73アラブ首長国連邦

2014年9月19日 (金)

古きドバイはすばらしい!(ドバイ・アラブ首長国連邦)

ホステル→(タクシー)バニヤス・スクエア→(徒歩)ディラ・スーク→(アブラ船)ドバイ・オールド・スーク→(アブラ船・徒歩)バニヤス・スクエア→(メトロ)DeiraCityCenter→ONTC切符売り場で明日のオマーン・マスカット行きバスチケット購入→(メトロ)ホステル

今日の宿 Dubai Youth Hostel 128AED(3500円)

***

朝8時、メトロ乗り場へ行ったら改札が閉まっていた。係の人に聞いたところ、金曜日は午後1時から運行開始。
イスラムの国では、金曜日と土曜日が休みで、金曜日には店を休むところが多い。

タクシーを拾って、バニヤス・スクエアーへ。タクシーの運転手にお国を聞いたところ、バングラディシュから来たそう。
「ドバイはちょっとリラックスできないねえ。家賃が最低でも一か月で1200JD(33600円)もするんだ。前はアブダビで運転手をしていたけど、家賃は三分の一で、もっとリラックスできたよ」

タクシー運転手もほとんどが出稼ぎの人。都会はリラックスできないけど、手っ取り早く稼げるのはいずこも同じか。

001_2
この広場のまわりには商店がたくさんあって、普段なら人が多いはずが、金曜日の今日は人出が少ない。

写真手前の芝がめくれているところに、黒いホースが見えますか?この町で植物を維持するということは大変なようです。
緑のあるところには、必ずこうしたホースが埋めてあって、定期的に水を供給している。そうしないとすぐに枯れてしまう。

007_2
ディラ・スーク周辺。スークというのは、商店街という意味らしい。この地区は主に服や生地を売っているが、他には金のスークや食品のスークもある。
店は三分の一ほどしか開いてなかった。

011
ドバイクリーク(入り江)を目指して歩いて行ったら、たくさんの船が横付けされていて、近くに荷物がたくさん積んであった。
これから積むのか降ろすのかは不明。

018
ドバイクリークは、幅300mほどの細長い入り江。対岸に行くにはアブラという船に乗る。料金は1AED(28円)。

020
現地の人も乗るが、観光客も大勢乗っている。対岸に見える塔はグランドモスク。

025

この船はあっと言う間に対岸に着くが、船から見る景色はなかなかいい。ドバイ観光のハイライトはこれやね。

031_2
ドバイ・オールド・スーク。ここも金曜日ということで、半分以上の店が閉まっていた。ここは日本人観光客が大勢やってくる場所のようで、お店の人が日本人慣れしていて、何度も店の中へ連れ込まれた。

決まって、あの赤いチェック模様のスカーフを頭に巻きつけてくれて写真を撮れという。3回同じ攻撃を受けたが、何も買わずに逃げてきた。

035
クリークで釣りをしていた人がいた。このクリークは意外にも透明できれいな水でした。

今日も暑い日。町歩きをしながら、ジュース4本飲んで、アイスクリームを1個食べた。当然食欲なんてない。
この暑さは、日本一暑いわが町多治見のお盆ぐらいに匹敵する。ちょっと歩くと汗でビショビショ。

汗だくになったらどうするかというと、そこらのお店に入るか、バスの待合室に入ると、どちらもバッチリ冷房が効いていて、Tシャツが冷えてべっとりするので、今度は冷たい。
この町は、暑いくせにどこでもバッチリ冷房が効いている。多治見だったら、夜は涼しい風が入るので、冷房無しで眠れるが、ここでは無理。

ホステルもばっちり冷房が効いていて、なぜか22度に設定してあるので毎晩布団をかぶって熟睡。

明日は朝6時半のバスで、オマーンのマスカットへ移動します。
アンマン、ドバイと、いわゆるインターネットショップを一軒も見ませんでした。頼みの宿のWi-Fiもあてにならず、毎日空港まで行って30分無料のWi-Fiでブログを更新しています。

オマーンのWi-Fi事情がドバイより良いとは考えにくいので、ひょっとするとブログの更新ができないかもしれません。
すいませんが、その節は例の件ポチっとよろしくお願いします。繋がり次第更新しますので。

オマーンのあとは、カタールへ飛ぼうと考えていますが、そのチケットを手に入れるにもWi-Fiがないとできないので、もしまったくWi-Fiが無い場合はまた陸路でドバイへ帰るつもりです。

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014年9月18日 (木)

ブルジュ・カリファ(ドバイ・アラブ首長国連邦)

ホステル→(メトロ一日券・16AED 448円)Stadium駅→Burj Harifa駅→ブルジュ・カリファ(125AED・3500円)→ドバイモール→水族館(80AED・2240円)→(メトロ)Nakheel駅→(徒歩)パーム・ジュメイラ→(タクシー16AED)バージュ・アル・アラブ→(メトロ)Stadium→ホステル

今日の宿 Dubai Youth Hostel 128AED・3500円

***

メトロに乗って、世界一高いビルを見に行くのだ!

027
妙な形の摩天楼がいっぱいあちこちに建っている。

043
私のブログは横写真が基本ですが、掟破りの縦写真。それでも入りきらず。
光り輝くコケおどしの巨大ビル。すごい。ま~、どうしてこんなキンキラにしちゃったんでしょうか。

059
ビルの前が池になっていて、その前はマンションになっているみたい。この池には、中に入ったり外から機械を動かしたりして10人以上の人が清掃にかかわっていたが、どうも大半が出稼ぎの人。

私は今まで、およそ塔とか展望台には登らなかった。でも、世界一高いビルに登らないとどうなるか。
きっと女王様はラスベガスの時のように、ヘニャヘニャ男となじるに違いない。一応切符売り場に行くことに。

夕方の切符は今日も明日も売り切れ。みんな夜景が見たいからやね。売り切れならしかたないなあ、と喜んでいたら、「今なら入れるよ」だって。

074
展望台は124階、高さ452m。

私の場合、どれだけ高くても、密閉されていれば平気。でも一か所だけ、外に出て風が来る場所があった。びびりながら、そこで撮った一枚がこれ。
出口に、ビルを建てたJV(合弁事業)に携わった人たちが紹介されていたが、Samsungの人が大勢いた。韓国資本恐るべし。

089
夜中にうなされるといけないので、水族館を見て癒されることに。入口のお姉さんがアジア人顔だったので、どっから来たの?と聞いたらフィリピン。ホステルの部屋掃除の人もフィリピン。ドバイの人口の8割は外国からの人。地面から金の湧く国の人たちは出稼ぎの人を使って楽してるのか?

水族館には5mぐらいのバカでかいワニがいて、怖かった~。

040
ドバイモールの中にある滝。ドバイモールの中には1200も店があるらしい。ショッピングはワシには関係ないけど、ひととおりブラブラしてフードコートでジュースを飲んだ。

そして次は、ヤシの模様の人工島、パーム・ジュメイラをモノレールの中から見ることに。ベッカムなどのセレブの別荘があるというあの島やね。
地図を見たら、地下鉄から2キロぐらいでモノレールの駅に行けそうだったので、歩くことに。

ところが、モノレールの駅の建物の前の道路が工事中で、工事の人が入ってはいかんという。迂回して入り口を捜したが、ビル自体が工事中で、どこにも入口が見当たらない。要するに駅がまだできていない。
しかたがないので、自力で島まで歩き(道路が走っている)、次のモノレール駅まで行った。

ところが、今度はモノレールの駅が閉鎖されていた。猛暑のドバイを歩くこと1時間半。クタクタで汗びっしょり。そこからもう一駅歩こうかとも思ったが、ギブアップ。タクシーを拾った。
タクシーの運転手の話では、モノレールは走ってはいるが、駅は開けてない駅もあるらしい。

111
これは島から見た摩天楼。運転手の話では、かすんで見えるのは、砂塵ではなく、工場排気のスモッグだそうで、ここ2か月は毎日こんな感じでかすんでいるそう。

気温との関係もあって、来月になれば澄んでくるらしい。なんでかはようわからんかった。
そしてタクシーで向かった先は天下の七つ星ホテル、バージュ・アル・アラブ。一泊50万円以上するらしい。

ところが、入口はるか手前のゲートで入場禁止。レストランとかの予約をしていれば入れるらしいが、写真撮りに来ただけやもんね。

ビーチに出て写真を撮りたいと思ったが、まわりが工事中で、それもかなわず。

120
ドバイはあっちもこっちも工事中。町を歩こうにも、途中で工事のため通行禁止になっているところが多い。
パーム・ジュメイラの入口にたくさん高級マンションが建っていたが、人気(ひとけ)がほとんどなく、売れ残っているみたい。モノレールの駅が閉鎖されているぐらいやでね。

金に物言わせて、力ずくで開発を進めている感じやけど、インフラはまだまだ。人の入居も追いついていない感じ。

ドバイは香港のような、金融センター、観光、買い物の都市を目指しているそうだが、今日見た限りでは、香港のような気品は感じられなかった。

もっとも、今日見たのは近代的な側面。明日は古いドバイを見に行きます。

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014年9月17日 (水)

アンマン(ヨルダン)からドバイ(アラブ首長国連邦)へ

アンマンのホテル→(タクシー)ムジャンマ・シャマリーバス停→(バス)空港→(flydubai3時間20分・21000円)ドバイ→(徒歩)ユースホステル→マクドナルド

今日の宿 Dubui Youth Hostel ドミ 128AED(3500円)

***

ドバイへやってきました。暑いです。アンマンと違って、外をちょっと歩くと汗だく。
朝から書きますね。

002_2
宿の近くで朝飯。中にクスクスのようなものを入れて油で揚げたもの。

004_2
ティーはミントじゃないけど、そんなようなハーブが入っていておいしい。上の物と合わせて0.5JD(72円)。

007_2
乗合タクシーでエアポートバスの乗り場へ。白い車が乗合タクシーで、黄色の車がメータータクシー。乗合タクシーは乗り場があって、何人かで乗っていく。
どこまで乗っても0.5JD(72円)だと、昨夜同宿の日本人学生に教えてもらったが、2JDとボラれた。ボラれたとわかっていたが、貸切にして私一人で発車してくれたのでまあいいか。

013_2
14:20発の飛行機なのに、10時に飛行場へ着いて、待つこと4時間。そして出発。
期せずして窓際の席になったので、上空からブルジュ・ファリファ(世界一高いビル)や真珠の形の島が見えるかと思ったが、下を見ても砂漠ばかりで、途中から爆睡。着陸してから目が覚めた。

016_2
午後6時半ごろドバイ到着。空港から歩いて20分ほどのユースホステルに宿を取ったので、そこまで歩いた。暑~い。

宿のWi-Fi(有料)がなぜか繋がらない。夕食を兼ねて近くのマクドナルドに来たが、なんとWi-Fi無し。マックなのにWi-Fiが無い。

今日は昼もアンマン空港のマックでビックマックセットを食べたので、一日二回もビッグマックセット。豚になりそうや。いや、イスラムなので豚はない。
ここのマックは"Beef or Sheep?"なんて聞きやがったのでビーフにしておいた。
アンマンもここも英語がよく通じるので困ることはないです。

今、夜の9時過ぎで、マックでこれを書いている。今日はブログを更新できないなあ、と思ったが、空港まで歩いて行けば無料Wi-Fiがあるはず。
人気のない暗い夜道を往復40分もかけて汗だくになって行こうかどうか迷っている。

↓ 一日一回、応援のクリックをお願いします。留守ポチも頼むよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ