89シンガポール

2015年4月21日 (火)

チャイナタウン(シンガポール)

宿→(バス)チャイナタウン→(徒歩)市内散策→(MRT)チャイナタウン→チャイナタウン散策→(MRT)宿→(MRT)ベイフロント→宿

今日の宿 Joyfor Backpackers Hostel ドミ20ドル(1800円)連泊

***

今日も一日歩きました。

027
宿の前の通り。宿の前からチャイナタウン行きのバスがあるというので乗ることに。以前は、バスは降りる場所を聞くのが面倒なので地下鉄優先だったけど、今はGPS(Map With Me)を持っているので大丈夫。

028
二階建てのバスです。地下鉄と共通のプリペイドカードで乗れる。1ドル~2ドルぐらい。

029
高層アパートが林立しています。土地の少ない国なので、庶民はみんなこういう高層アパートに住んでいるんでしょうね。
ケンも両親と一緒にこういうタイプのアパートに住んでいるそうです。

アパートといえば、ケンの友人が facebook に投稿していたおもしろい動画を思い出したので書いておきます。
ある日、ケンの外出中にケンの友人3人がケンの部屋へやってきて、全面黒塗りだったケンの部屋を、全面ピンクに塗り替えてしまいます。そうとは知らずに帰ってきて部屋のドアを開けたケンが驚くという動画。

なんと部屋の塗り替えにはケンの両親も協力していて、友人を家に入れてくれたそうです。部屋は今でもピンクのまま。気に入らないのでそのうち黒に戻すそうです。ケンはたくさんの仲間と楽しい毎日を送っています。

030_2
チャイナタウン朝9:00。

031
店も開いていません。当たり前や。

032
家並みは美しい。今日はここからオーチャード・ロードの高島屋までの数キロの道のりを歩きます。

033
ビル群が美しいです。

034
旧最高裁判所。現在はアートセンターに改装中。

035
旧国会議事堂のアートハウスが無料だったので入ったが、特に見るものもなかった。

036
セントアンドリュース大聖堂。外から見ただけです。

037
ラッフルズシティ。ブランドショップがずらり。特に用なし。

038
ラッフルズホテル。中に入ってもいいという雰囲気がなかったので、外から見ただけです。香港のラッフルズのような高層ビルではなく、三階建てのようです。一泊いくらぐらいするんでしょうか。

039
国立博物館。立派な建物を外から見ただけです。

040
三時間歩いてやっと高島屋に到着。今日は暑い日で汗ダラダラ。別に高島屋に何か用事があるわけではありません。この前のオーチャード通りに百貨店がたくさんあって、みんなが来る場所らしいので、一応行っておこうと思っただけ。

高島屋に行って、冷房の効いたフードコートで冷たいジュースを飲むことだけを楽しみに、ただひたすら歩いてきました。

041
休みでした。なんでやねん。百貨店なんて年中無休じゃないの?どうも年に一度の従業員のダンス・ディナーパーティらしい。多民族国家なので、従業員同士も懇親会をして仲良くせないかんのかなあ。

042
併設のショッピングモールにいったけど、ブランドショップがずらり。ワシの来る場所じゃあなかった。

043
MRTでまたチャイナタウンへ戻ることに。

044
この電車の中は広いつくりになっている。シンガポールは多民族都市ですが、華人系75%、マレー系14%、インド系9%なので、結局は中国人ばっかり。

電車や町では日本語もけっこう耳にするので、日本人も多いみたい。

045
チャイナタウン。今度はたくさん人がいる。

046
この通りには、安い店から高い店までたくさんある。当然私は一番安い方の店へ。

047
ポークのご飯が4ドル(360円)。ビールが8.5ドル(765円)。美味しい~。ビールが高いのは税金が高いかららしい。

048
Western Union は国際送金専門の機関ですが、長蛇の列。きっとこの国には出稼ぎの人が多いんやろうね。ワールドカップの二次予選で日本はシンガポールと当たるんですね。この国にはSリーグというプロサッカーリーグがあって、その中にはアルビレックス新潟シンガポールもいるという多国籍リーグだそうです。

一旦宿に帰ったが、もう一か所見るべき場所があると判明したので再出動。

040_3
041_3
043_3
044_3
045_3
この木は夜になると電気が点くのですが、待ちきれずに帰った。かわりに場内にあったパネルから。

046_3
やっぱり見ておきゃよかった~。

047_4
宿の近くでカレーマサラ。5.2ドル(468円)。うまい。

明日はクアラルンプールです。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015年4月20日 (月)

セントーサ島散策(シンガポール)

宿→MRT Kallang駅 →Harbur Front駅→(徒歩)セントーサ島→(徒歩)島内一周→MRTで宿へ

今日の宿 Joyfor Backpackers Hostel ドミ20ドル(1800円)連泊

***

昨日、ケンが市内をあちこち見せてくれたので、もう行くところがない。ケンいわく、「シンガポール観光は一日あれば十分。食べ物はいっぱいあるけどね」だそうです。セントーサ島へ行くことに。

035
対岸に見えるのがセントーサ島。橋がかかっていて、歩いて行けそうだったので歩くことに。

036
ゴンドラでもモノレールでも行ける。まるで一大アミューズメントパーク。

037
橋の中には動く歩道が。さすがお金持ちの国。

038
20分ほど歩いて到着。看板で盛り上がります。

039
ユニバーサルスタジオや!

040
入口で写真撮っただけです。ここには水族館などのアミューズメント施設、ショッピングモール、飲食店などがいっぱい。そういうのはやりすごして、とにかく歩いて一周することに。

041
おお!またしてもマーライオン。他にないんでしょうか。

042
すばらしい。どこかで見た公園です。オリジナリティ無し。

043
今日もムチャクチャ暑くて、汗ダラダラ。泳いでいる人もいました。

044
シソロ砦。第二次世界大戦の時に、攻めてきた日本軍に抵抗して、イギリス軍が最後まで立てこもった場所だそうです。12ドルもするので外から見ただけです。

045
この島は短期観光客が、パーツとお金を使うような施設ばかりで、自然に親しもうという観光客向けではありません。そもそもシンガポールには、海はあるもののダイビングできるほどきれいな海ではないし、山や川はない。 島の案内が歩くようにはなっていないのですが、迷いながら歩いた。道端には見慣れない南の島の植物がいっぱい。

046
暑いです。私は寒いのが苦手ですが、これほど暑いのもダメ。常夏の島が楽園かというと、そうでもないですね。こんな暑さが年中毎日だそうですので、私はシンガポールには住みたくない。

日本の冬が寒いといっても、じっと我慢していれば春が来る。夏が暑いといっても、待っていれば秋が来る。日本に四季があるというのはすばらしい。日本の四季を世界遺産に入れるべきやね。

セントーサ島へ観光で来る場合は、毎日日本で一生懸命働いて、やっと休暇をもらってやってきて、パーツとお金を使う人にはすばらしい観光地に見えると思うけど、長旅のワシにはこれといって魅かれるものなし。

047
またふりだしまで戻って、島内一周終了。半日かかった。

048
ハーバーフロントのショッピングモールをブラブラしたあとで宿の近くへ戻った。

039_2
昨日、ケンが美味しいと教えてくれた店のうちの一軒へ。

049
昨晩、その店でたくさんの人がおいしそうに食っていたものが気になった。この界隈には、これをやっているお店が何軒もある。

050
それはカエル。

051
カエルの皮をはいで、土鍋でタレと一緒に煮たもの。それを、雑炊の上にかけて食う物らしい。これをみんなが美味しそうに食っていたので、食べてみた。

052
これがまた美味いのなんの。カエルと言われなければ、柔らかい鳥のような感じ。カエルなんて食べれるかと思って一匹だけにしたけど、これなら二匹でもいける。カエル一匹8.5ドル。雑炊2ドル。全部で945円。幸せや!

041_2
夜になって、また同じ店へ。今度はケンお薦めのフライド・オイスター。どうしたらそんなに火力が出るのというぐらいの強火で、卵と牡蠣を炒める。

040_2
これがまた美味い。全部で8.5ドル(735円)。

053
タイガービール大瓶7ドル(630円)。頼むと氷と一緒に出てくる。暑いのでジョッキのビールがすぐ温かくなるので、氷を入れて飲んでいる。信じられん。

明日もシンガポールです。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015年4月19日 (日)

ジョグジャカルタからシンガポールへ(シンガポール)

5:00宿のバイクで空港へ(50000ルピア・460円)→7:25ジョグジャカルタ発エアアジア(6547円)→シンガポール・チャンギ国際空港着10:45→MRT(電車)でホステルへ→MRTでケンと終日観光→ホステル

今日の宿 Joyfor Backpackers Hostel ドミ20ドル(1800円)

***

072_2
今日もエアアジアで出発。国際線に6547円で乗れるとはどういうこと?

073
空港税を別途取られると聞いていたが廃止になっていた。ルピアが余ったので、機内食を頼んでみた。ポークとコーヒー全部で70000ルピア(644円)。うまい。

074
シンガポール到着。空港まで、ケンが迎えに来てくれた。MRTのKallangという駅の近くのホステルを予約したので、そこへ。ところがこの Kallang は、美味しいお店がいっぱいあるエリアだそうで、シンガポールで一番エビ麺が美味しいという店へ連れて行ってくれた。

075
賑わっています。

076
ケン登場。なかなかイケメンでしょ。24歳、軍人です。

077
エビ麺をご馳走してもらいました。絶品。

ホステルに荷物を置いて、MRTで Bugis Street というエリアへ。

078
ものすごく暑い。ドラゴンフルーツのジュースを飲んだ。

079

この赤い果物です。特に味はない。

080_2
日曜日なので人が多いそうです。

082
まずは華人用のお寺へ行き、そこでお祈り。ケンが一生懸命お祈りするので、「何てお祈りしたの?」って聞いたら、「平和」だって。軍人だから、戦争がなければそれでいいそうです。ワシは、金、金、金とお祈りしときました。

083
今度はヒンズー教のお寺へ行き、そこでもまたお祈り。なんでもいいのね。

084
デザートのお店へ行き、大豆のプリンみたいなものをご馳走してもらった。

085_2
歩いてリトル・インディアというエリアへ。インド人ばっかり。続いてMRTでベイエリアへ。

086
出ました。歩いてベイエリア一周。

087
マーライオンが見えたぞ~。

088
この建物を見て、ケンが「ドリアン食べたことある?」って聞いてきた。「昔食べたことあるけど、あんまり美味しくなかったよ」と言ったら、「ここのドリアンはフルーツの王様なんだ。あとで食わせてやるよ」だって。

089

マーライオン。これでシンガポール観光は終わったも同然。
090
位置関係はこうなっています。対面の船が乗っているような建物の下の方にあるモールへ。

091
涼しいです。

092
ラスベガスの真似だそうです。

ケンのことを書いておくと、この国には徴兵制(2年)があって、17歳で入隊。2年後に退役せずに、そのまま軍隊にいる。成績が優秀なため、選抜試験で海外留学させてもらったりしているそうです。

今までは、軍のエンジニア部門だったそうですが、退屈なので、海軍の特殊部隊(navy seals)に変わる予定で、今は外部の大学へ出向して勉強中。明日から試験だそうで、それが終わると、部下が64人できるそうです。

シンガポールの人口はたった600万人。「そんな小さな国でなんで軍隊が要るの?」って聞いたら、「マレーシアやインドネシアが攻めてきたらやっつけないといけない」という。

インドネシアは人口2億4千万、マレーシアは2900万。「どう見たってシンガポールは勝てないだろう」と言ったら、「シンガポールは小さな国だけど一番金を持っている。装備も最新式だから、やりあったら一日で勝てる」なんて言う。

「どんな装備を持ってんの?」って聞いたら、軍艦が7隻と戦闘機が17機だと言う。そんなんで本当に勝てるのか?

093
今度は肉骨茶という店に連れていってくれた。

094
豚肉だそうです。ここは私が払った。23ドル(2070円)

095
ラッフルズ像へ行ったが、修復中だった。ラッフルはシンガポールの基を築いた人らしい。

096
宿の近くのドリアンの店へ。ケンが値段も聞かずに一番大きいやつを注文。お店の人が手際よくカット。ワシがお金を払おうと、「いくら?」と聞いたら、「100ドル(9000円)」。

ワシはびっくりして、そんなに高いの~って言ったら、ケンもびっくりして、「ええ~、そんな高かったっけ~。」と言って半分出した。

097_4
3kgある。ケンによると、マレーシア産のこのドリアンが最高で、タイ産のものは味が落ちるそうです。

098
中から、黄色い果肉が6個ぐらい出てきた。味はマンゴーほど甘くなくて、牛乳系の味。確かに美味しいけど、これだったらパパイアの方がずっと美味しいし、安い。

このお店はけっこう賑わっていて、何組かの家族連れが来て食べていた。

本当は、最後はビールを飲みに行こうという話になっていたが、もうお腹がいっぱいで飲めないので、これでお開き。宿の周りを歩いて、美味しい店を何軒か教えてもらった。

ケンは、明日試験が終わったら飲みに行けるかもしれないからメールするよ、と言ったけど、無理しなくていいよと言っておいた。

Tシャツのプレゼントは不発だった。ケンは「Lサイズでも着れるよ」と言ったけど、ケンの身長は181cm もあると判明。おまけに彼女とは別れたそうで、彼女用に買ったMサイズは人にあげてということに。

こら~、ケン!楽しかったけど、あんな高いドリアン食うぐらいなら、よっぽどの料理食ってビール飲んだ方が良かったやないか~!納得できん。まあ、一生の思い出にはなったけどね。ケンは試験を控えていたにもかかわらず一日案内してくれて、相変わらずいいやつだった。

ブログを書いたらお腹に余裕ができてきたので、一人でタイガービールでも飲みに行ってきます。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ