94ベトナム

2015年5月20日 (水)

ハノイから名古屋へ(ベトナム)

宿→朝の散歩→午前中は宿でゆっくりと荷造りなど→バスで空港へ→21日午前0:05ハノイ発(JAL マイルで交換)→成田乗り換え→セントレア(中部国際空港)着21日午前11:05の予定

今日の宿 機中泊

***

今晩から明日未明にかけて飛行機に乗るので、これは午前中に宿で予約投稿したものです。
いよいよ、日本に帰る時が来ました。

旅の間の二年間、いろいろなことがありました。二年間、世界を旅するなんて、簡単なことだろうと思っていました。金と暇さえあればできるだろうと。でも、やってみると、それほど簡単なことでもありませんでした。旅することに疲れて、メンタルの維持ができない時期もありましたが、メルボルンに五か月滞在したおかげで、それも回復して、また旅を続けることができました。

ニセ警官に騙された。両替詐欺にあった。スキミング被害にあった。iPadminiをひったくられた。パソコンが壊れた。カメラが壊れた。ツアー会社に騙された。ぼったくりにあった。体調不良で一週間療養した。これらは全部私の身に起こったことです。

こういうことは、本人の不注意から起こるのだとお思いの方も多いと思いますが、私はそうは思いません。二年間、ほぼ単独で世界を旅すれば、こういうことは誰にでも起きる。同じように旅をしても、こういう目に全く遭わない人もいるかもしれませんが、それはたまたま運が良かったにすぎないと思います。

旅には、こういうことはつきもの。それも旅の一部なんだと思います。情報収集を怠らず、人と一緒に行動し、移動の回数を減らせば、ある程度リスクを減らすことはできるかと思いますが、私はそれをよしとしませんでした。究極のリスク回避法は、行かないことです。

嫌なこともありましたが、楽しかったこと、嬉しかったことは、その何十倍、何百倍。出会いや感動もたくさんありました。旅に出て、本当によかったと思います。

おそらく今後、これほど長期の旅に出ることはもうないと思います。でも、行きたい場所、見たい景色はまだまだたくさんあるので、これからも機会を見つけて旅に出る。そして、やっぱり旅はソロでなくっちゃと思っています。

001
今朝のホアンキエム湖。今日のハノイは曇り。

002

みんなのんびりとしている。

005
道路は相変わらずバイク洪水。信号なんて守らないバイクが多い。

008
今朝の朝食も、やっぱりフォー。

007
30000ドン(180円)。これもおいしかった。ベトナムではフォーばっかり食べていますが、おいしいので、下手な物に手を出すより、フォーが食べたい。いろんなバリエーションがあって、奥が深い。

一昨日、私がすばらしいと書いたハノイの路上酒場は、

041
この通りと、

042

この通りが交差するあたりです。

043_2
昼間はなんてことない通りなんですが、夜になると、たくさんの路上飲み屋が出現して、大勢の人で賑わいます。

037
ハノイは大都会で、やかましくて嫌な場所かなと思ったのですが、そうでもなくて、落ち着いた感じです。

039_2
ハノイがこの旅最後の町になりました。

012

誰かがルアンパパーンの宿にこの本を置いていってくれたおかげで助かりました。拝借したものなので、この宿に置いていきます。ここにはドミもあるので、きっとまた誰かと一緒にこの国を旅をすることでしょう。

ここからはノイバイ国際空港ターミナル2のバーガーキングのWiFiで追記。

071_2

昼(12:00発)にベトナム航空のエアポートバスに乗ったら、一時間ほどで空港に到着。

バス乗り場の場所はホアンキエム湖南西、チャンティエン通りのベトナム航空のあるビルの対面のバスだまり。30分から1時間おきぐらいに運行。2ドル。ターミナル2が国際線。(国内線は屋根がオレンジ。国際線はその隣で、シルバーの屋根。)

ノイバイ国際空港ターミナル2は2014年末に運用開始したばかりの新ターミナル。お店もレストランもあまりない。

チェックインまで、あと9時間あまり。どうやって過ごしたらいいんでしょうか。空港のFree WiFiはヘボすぎて使えないので、バーガーキングで繋いでみました。繋いでみても、ニュースとかは朝見ちゃったし。私のパソコンはバッテリーがイカれているので、コンセントがあるところでないと見れないし。まあ、日本に帰ってからやるべきことでも考えて過ごすことにします。

と、思ったのですが、考えてもしょうがないので、空港内の様子を載せることにしました。

015_2
空港で135000ドン(810円)は良心的ですね。どれ、食べ終えたら場内を一周してくるか。

016

新しくて採光たっぷりの空港です。

017
入口。

018
日本がお金を出して建てた空港みたい。大成建設が受注したそうです。

019
発着便数が多くないせいか、人も多くないですね。

020
遠くに見えるオレンジ色の屋根が国内線用のターミナル。私はダナンからあそこに着きました。

021
飛行機も数えるほどしかいない。見えているのは全部ベトナム航空機。

022
上からフロアーを見たところ。

024
そしてまたバーガーキングへ。

025
今度はカラメルソフト。25000ドン(150円)。

場内には、フォーを売っている店もあるので、晩飯はフォーにする予定です。まだチェックインまで7時間もある。二年間はあっと言う間だったのに、チェックインまでの数時間が長い。なんでや。

日付が変わって明日(21日)00:05発のJALに乗って一眠りすると日本です。あっという間の二年間。長い長い旅が終わります。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015年5月19日 (火)

ハノイ散策(ベトナム)

宿→朝の散歩→インフォメーションセンターの喫茶店にてブログ更新→ハノイ大教会周辺で宿探し→宿替え→町歩き

今日の宿 The Sunctuary  280000ドン(1680円)

***

朝、起きてブログの更新ができるか試してみたが、やっぱりできない。ネットにはつながるが、保存ボタンを押しても反応がない。Wifiができる場所を探して町へ。

002_2
ホアンキエム湖の周りで扇子使って踊る人たち。

003
裸で散歩しる人がたくさん。

006
朝の7時から、バーベル上げている人が何人もいた。

008_2
体操に参加している観光客もいた。

009
池の真ん中のお化け屋敷?

010
この池は、入口も出口も見当たらないので、単なるドブ池だと思うが、それでも市民の憩いの場やね。

013_2
おばさんは、こういうのが好きやね。

021
旧市街へ行ってみた。東河門。旧ハノイ城の門の一つ。

024_2
屋台で朝飯。

026
このフォーは野菜と魚のから揚げがどっさり入っていて美味しかった。25000ドン(150円)。

029
ドンスアン市場。

028
普通の市場でした。

インフォメーションセンターの喫茶店でWiFiを繋いでブログ更新。やっぱり宿のWiFiの調子が悪いみたい。宿を替えるかどうか迷った。あと一泊するだけなので、ブログの更新は外でやってもいい。宿の人たちは感じがいいし、ホスピタリティーもいい。

今までの私だったら、宿の人のことを考えて、二泊すると言ったんだから、二泊してあげようとなる。私は、どっちかというと利他的な人間で、人の気持ちを優先させる。そういうのが良いことだと思ってきた。でも最近は、そういうのは全然美徳でもないし、良いことではないと思うようになった。

ハロン湾でも、宿の人にも儲けさせてあげようなんて思ったばっかりに騙された。いくら相手に良かれと思って何かをしても、必ずしも相手のためにはならないし、自分が嫌だと思うことを妥協して受け入れるのであれば、自分はどうでもいいという扱いをしていることになる。だから騙される。

旅をしていて思うのは、自分を曲げない頑固さ、妥協しない姿勢が大事だと思う。少しでも妥協すると、敵はそこにつけ込んでくる。自分の意志をしっかり持って、それを押し通す強さがあれば、たとえ結果が悪くても、納得がいく。これは旅に限らず、普通の日常生活でも言えること。私は、人が良いというか、人に強く言われると、まあいいか、みたいに受け入れてしまうところがある。それは寛容さではなく、弱さなんだと思う。

相手も自分も満足いくような選択をするのがベスト。宿替えをすることにした。

031
道路にはたくさんのバイク。安宿街のハノイ大教会周辺へ。途中で、靴磨きが、エクスキューズミーと言うので立ち止まったら、私の靴と靴底の間に、瞬間接着剤をキューと押し付けて、靴を抑えた。

「靴底が取れかけていたよ」と言う。ふざけんじゃね!この靴はそういう安い靴じゃねえぞ~バカ!と怒鳴って立ち去った。もう、なんでもありでやってくるからムカつく。いろんなやつがいる。

033
この大教会のまわりにはたくさんの安宿がある。
ハロン湾への日帰りツアーの貼り紙もあるが、25ドルぐらいである。バイチャイ(ハロン湾の観光拠点の町)の町には取り立てて見る物もないので、ハノイから日帰りするのも一案やね。いずれにしても、今回は下調べ不足だった。クルーズの相場がいくらぐらいかなんて、ネットで調べればすぐわかったのに。なめていたとしか言えない。

036
宿を何軒か見たが、なかなかピッタリくる宿がなかった。最後は部屋も見ずに、受付の人の愛想の良さで決めて、そこに宿替え。狭いけど、Wifiは正常なので、文句はない。荷物を置いて出動。

044
湖の横でお喋りする二人。

048

市劇場(左)と、ヒルトンホテル(右)。

050_2
国立歴史博物館へ。建物は二つあって、これは最初の建物。入場券は二館共通で40000ドン(240円)。

053
最初の建物は、旧革命博物館で、ベトナム独立までのことが展示されている。写真はフランスの社会党大会で演説するホー・チ・ミン。

ベトナムは最初はフランスの植民地となり、人々はフランス人と封建制の二重の支配を受けていた。その後、日本が侵略し、フランスと日本の支配を受ける。

いわゆる北ベトナム独立のあとは、アメリカ、フランスと、ベトナム戦争へと突入。長い長い支配の歴史があって、今日がある。

060
戦争は嫌だ。

062
もう一つの建物は、旧歴史博物館。こっちは、原始時代からの歴史展示。

064_2
これ何だかわかりますか。今から2000年から2500年ぐらい前に造られた銅製の太鼓だそうです。実際に音を出して使ったり、墓の副葬品として使われたようです。

068_2
ベトナムの小学生の社会見学。

そして、博物館から、数キロの距離を歩いて、旧ハノイ(タイロン)城址を見にいくことに。今日はものすごく強い日差し。汗がダラダラ。

なぜタクシーに乗らないかって?タクシー強盗に遭うのが嫌だからです。

073_2
お腹が空いたので昼食。40000ドン(240円)。うまい。

074
ついでに路上で焼き鳥。一本8000ドン(48円)。

076_2
軍事博物館。素通り。

079
レーニン像。一応挨拶。

082
一時間以上かかってやっと着いた。なんですか?世界遺産になったんですか。入場料30000ドン(180円)。
085
大きな盆栽がたくさん並べてあった。まるで中国。

087
正門。これが世界遺産?なんか新しい建物ですけど。

088
大半はまだ発掘中で塀の中。

089_3
これも何か新しい感じの門。

090
正門からの景色。説明がまったく無く、なぜこれが世界遺産なのか、どうも納得がいかないまま終了。

また帰りもえんえんと歩いた。

091
バイクが走っているのは歩道です。車道は左のバスが走っているところ。歩道を歩いていても交通事故もある。もうムチャクチャでござりまする。

今日は7時間以上歩いて、日に焼けて顔が真っ赤。水一本とジュース三本飲んだが、まだ水分を欲しているので、昨日の路上酒場へ行って、ビールをジョッキ三杯飲んでもいい日にします。でも、疲れているので二杯でやめるかもしれません。行ってきます。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015年5月18日 (月)

バイチャイからハノイへ(ベトナム)

宿→朝の散歩→(バス15ドル)13:00発ハノイへ→17:00ハノイ・ディンティエンホアン通りの水人形劇場前到着→(徒歩)宿→町歩き

今日の宿 Hanoi Discovery Hotel 300000ドン(1800円)

***

「地球の歩き方・ベトナム」の、旅のトラブルのページを読んでみたら、トラブルがいっぱい書いてあった。7ページにもわたって、あるある。ハロン湾クルーズのぶったくりから、レイプや強盗まで。おまけに、ハノイではタクシーのトラブルが多いらしい。ハノイへ行きたくないけど、ハノイからJALに乗って日本に帰る。

アジアの旅では、iPadminiをひったくられ、ハロン湾クルーズではぼったくられて、立て続けにやられていますが、正直言って、東南アジアをなめてました。

アフリカや南米ではそれほどやられなかったので、東南アジアなんて楽々通過できると思っていました。ミヤンマーやカンボジアではガイドブックすら持っていなかった。持っていたとしても、注意喚起のページなんて読んだことがないので一緒ですけどね。

旅の最後でやられたのは、今後のために良い勉強になったと思う。振り返ってみれば、客引きにホイホイと付いて行ったり、危ないエリアを平気で歩いたりと、もっと危険な目にあってもおかしくはない場面がいくつも思い出される。

海外に一歩出たら、どんなエリアであろうと、危険はある。悪いやつはどこにでもいる。それを肝に銘じて、あと三日、しっかり注意していきたい。

002
バスが本当にやって来るのかどうかはわからなかったが、昼までは時間があったので散歩。まずは朝フォー。うまかった。30000ドン(180円)。

008
マーケットへ行ってみた。

005
観光客用ではなく、普通の市民用の店ばかりでした。

007
朝市。

011
道路脇で、イノシシを飼っていた。写真を撮ったら、マネーとババアに言われた。どいつもこいつも。

013
町並。ベトナムは、どこへ行っても、道路脇の家はこんな感じで、間口が狭くて、奥行きが長い造りになっている。
これはこれで、壁代も助かるし、強度と防犯上も優れているのかもしれない。

宿に帰って、Youtubeでさんまの出ているテレビを見た。私は元気のない時はさんまを見る。メルボルンまでは、Youtubeを見ることはほとんどなかったが、メルボルンあたりから見るようになった。気持ち的にも、旅モードから、くつろぎ帰国モードになっているのかもしれない。

025
やって来たのは中型バス。

016_6
車窓を一枚。稲穂が実っている田もあれば、刈り取ったばかりの田もある。

024
バスには観光客ばかりが乗っていて、途中で観光客がいっぱいのドライブインで休憩した。

4時間ほどでハノイに着いた。実はハノイに着くまで、とってもブルーな気分でした。旅の最後にひったくられたり、騙されたりで、おまけに最後はハノイなんて大都会。きっとやかましいだけの大都会なんだろうと。

おまけに、バスの到着場所次第では、宿までタクシーに乗らなくちゃいけない。またタクシーに騙されたりしたら、嫌だなあと。そしたらバスは、ホアンキム湖の近くディンティエンホアン通りの水人形劇場前に到着。

やったあ!もうこっちのもんや。今朝、ネットで安宿を調べて二か所ほど印を付けてきたが、そこからなら十分に歩ける。キャスターを引いて、お目当ての宿まで歩いた。

050
ホアンキム湖。なかなかのドブ池です。

043
ケンタッキーもある大都会。

040
ルオンゴックイン(Luog Ngoc Quyen)通りまで歩いたら、店先に椅子を並べている飲み屋がたくさん現れた。ええとこやないの。ワシはこういう感じの町が大好き。

観光客と、地元の人が入り混じって、ろくでもない店で、ろくでもないビールを飲んでいる。ハノイなんて、どうせ見る所もないし、カオサン通りみたいな場所もないだろうと思っていたら、すばらしい場所が現れた。

お目当ての宿に行ったが、受付の人はいなくて、代わりにババアと中学生ぐらいの子供が出てきた。英語がまったく通じない。受付の椅子に座って待てと動作するので、待つこと30分。日は暮れていくし、早くビールを飲みに行きたい。

もう待てないと思って、もう一軒の目星をつけた宿に行って聞いたところ、満室。今朝ネットで確認した時は空き部屋はあったのに。近所のホテルで聞いたら、そこも満室。「地球の~」には、他のエリアの安宿は載っているが、どうしてもこのエリアに泊まりたい。

最初の宿に帰って、受付で待ったが、受付け係は帰ってこない。しょうがないので、子供に「地球の~」の巻末にあるベトナム語の例文集を見せて、「部屋を見せてください」というのを指さしたら、わかったらしく、見せてくれた。

ツインの広い部屋。今朝ネットで見た時はシングルが空いていたはず。例文集には、「シングルを見せてください」というのはなかったので、「もっと安い部屋はありませんか」というのを指さしたところ、ノー、ノーというので、満室とわかった。

迷っていたら、カップルがやって来て、部屋はあるか聞いた。ババアがワシに、「ドーム、ドーム」と言って、ワシをドミに追いやって、カップルをツインに入れさせようとしたので、ツインに泊まると言った。荷物を部屋に置いてさっそく出動。

039
宿のすぐ近くで一杯。このジョッキ一杯で5000ドン(30円)。おいしい。すばらしい!ただ、ジョッキがプラスチックだったのが気に入らないので一杯でやめた。あたりをあちこち歩いたら、同じような飲み屋があるある。まったくすばらしい。旅の最後にやられっぱなしで、ブルーな気持ちのまま旅が終わるのかと思ったら、そんなことはなかった。ここはなかなかいい。

051
このお店に座って、ジョッキを注文。

054
ハゲジジイの隣のビールがワシのビール。

064
この店は、道路脇に50席ぐらいの椅子を並べて営業していいるが、この従業員たちで仕切っている。飲んだビールやつまみの料金を、どう管理しているのか不思議でしかたなかった。左端のお姉ちゃんにビールを頼むと、笑顔で応対してくれて、きびきびと運んできてくれる。

私は、飲み屋で働く、きりっとした若い人が大好き。こんなことを言うと失礼かもしれないが、給料は安いだろうに、笑顔でテキパキと対応して、愛想もよかったりすると、プロフェッショナルやなあと感心する。

その店が気に入ったので、もう今日はたくさん飲んでもいい日と決めて、そこでジョッキ三杯(45000ドン270円)。最初の店と合わせると、四杯。でも、キリンビール大瓶に換算すると二本程度なので大した量ではない。旅の最後が、ブルーな終わり方じゃなかったのがうれしくて、日が暮れるのを見ながら、何も食べずに酒だけ飲んだ。嫌なこともあって、いいこともあるのが旅。いいとこだけ取るわけにはいかない。人生と同じ。

068
この道路は、歩行者天国ではないので、車もバイクも通る。でも、それほどやかましくない。

066
じっと座って見ていると、いろんなやつが登場する。風船売り。英字新聞売り。駄菓子売り。菓子パン屋。みんな必死で生きている。

071
若いお姉ちゃんもたくさん。

飲み終わって、勘定を別の男に払おうとしたら、ちゃんと三杯分請求された。近くの店でフォーと春巻き。

076
予想に反して美味かった。

073
全部で55000ドン(330円)。

宿に帰ってブログを書こうとしたが、記事の公開ができない。宿のWifiは普通に速いので、Wifiの問題なのか、ココログの障害なのか不明。明日、どこかでWiFiを探してやってみることにする。いろいろあるなあもう。

今朝、喫茶店でやってみたらできた。更新が遅れてすいません。どうも宿のWiFiに問題があるみたい。あと一泊なので、宿替えするかどうかは検討中。コメント返しができないかもしれませんが、読むことはできるので、よろしくお願いします。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015年5月17日 (日)

また騙された(ハロン湾クルーズ・ベトナム)

宿→迎えの車で港へ→ハロン湾クルーズ(昨日9000円支払い済み)→宿

今日の宿 Ha Long Bay Ho Tay hotel ダブル 300000ドン(1800円)

***

昨日、私を宿に案内してくれた男は、宿のオーナーでもなんでもなく、ただのゴロツキだった。
昨日のブログを読んでいない人は、まず昨日のブログから読んでください。顛末を詳しく書きます。

昨日、私は、ハノイから乗ったバスが、思っていたバスではなく、予定よりも二時間も遅れて着いたので、かなりイラだっていた。「地球の歩きかた・06~07年版」に載っている一番安いホテルの、Hoang Lanというホテルへ行った。

タクシーを降りて、フロントへ行くと、カウンターの奥に、私を騙した男は立っていた。「部屋はある?」と聞いたところ、「今日はベトナムの祭日なので満室。でも、私はもう一軒ホテルを経営しているので、そこへ案内する」と言って、別のホテルへ連れていってくれた。

そのホテルは、斜め向かいに立つ、Ha Long Bay Ho Tay Hotel。漢字の文字が表に書いてあって、どう見ても中華系のホテルで、一軒目とは雰囲気が違うとは思ったが、気にもしなかった。男は、そのホテルでもカウンターのデスクを開け、キーを出して、私に部屋を見せてくれた。

二部屋見せてくれたうちの安い方の部屋にした。そのあと、クルーズの話になった。男の提示するクルーズが、私が思う何倍も高かったので断ったが、男はしつこく勧誘した。私も疲れていたし、実質的には今日一日しかないので、ホテルのオーナーが法外な値段をふっかけることもないだろうと思ってその男にツアーの申し込みをして、お金を払った。合わせて、二日分の宿代と、明後日のハノイ行きのバス代もその男に払った。

内訳は、ホテル一泊300000ドン×二泊(3600円)、ハノイまでのバス代1500000ドン(900円)、クルーズ代1450000ドン(8700円)。締めて22000000ドン(13200円)。

今日、ハロン湾のツアーに参加して、すぐにおかしいと気づいた。参加している約50人のうち、ほとんどがベトナム人。外国人は私を入れて4人。そして、ベトナム人は、外見上、どうみても裕福な人たちではない。しかも、子供が大勢いる。子供はたいてい半額だろうけど、それにしたって、4時間9000円(子供は4500円)ものクルーズはしない。

いくらベトナムが発展しているとはいっても、9000円はひょっとすると、彼らの月収ぐらいにはなる。やられたな~と思い、クルーズはどうでもよくなった。仮にこの件がなかったとしても、ハロン湾は大したことはない。まったく感動しなかった。

船を降りて、宿の近くの旅行代理店に行って聞いたところ、4時間のクルーズ代は18ドル(2160円)と判明。騙した男は、船は、大型、中型、小型の三種類あって料金が違うと言ったが、ハロン湾には大型船しかないという。ご丁寧にも、私は大型の船を頼んだ。単純計算で、6500円ほど騙されたと言うかピンハネされた。

その時点では、私は、あの男がホテルHoang Lan のオーナーだと思っていたので、Hoang Lanへ行って、オーナーはいるかと聞いたが、対応した男は英語がわからないフリをして、今はいないと言う。泊まっているHa Long Bay Ho Tay Hotelのフロントへ行き、「ここのオーナーは誰だ?」と聞いたところ、昨日からフロントに座っている中華系の男が、「俺だ」と言う。

事情を説明して、昨日私をここへ連れてきた男が私を騙して、不当に高いクルーズ代を取ったので、会いたいと言ったところ、あの男はティエン(Tien)という名前で、ガイドのような仕事をしていて、おそらく今日は港にいるか、船に乗っていると言った。

それですべてのカラクリがわかった。あの男はチンピラガイド。英語ができることをいいことに、おそらく知り合いのフロント係に頼んで、うまくいったら分け前をやるからというような感じで、フロントにいた。まわりのみんなは英語ができないので、悪事に加担していることは知らないかもしれない。

カモ(私)がやってきて、別のホテルへ案内して、案内したホテルからはマージンを取り、私からはクルーズ代をふっかけてピンハネした。やられた。まさか、フロントのカウンターの中にいた男が、そのホテルの人じゃないなんて思わない。そんなのありですか?

こう書いてしまうと、高々6500円ピンハネされたぐらいでと思われるかもしれないが、金額もさることながら、騙されたということがショック。昨日、あの男と話をした時点で、法外な値段だとは気付いていた。断って、自分ですぐ近くにある旅行代理店に行けば済む話だった。

でも、疲れていたし、少しは宿の人にも儲けさせてあげたいという気持ちがあった。不当に高いと思えば、買わないだけで済んだ話だったのに。そのあたりのことは、マダガスカルを一緒に旅した方から、多くを学んだはずなのに、またしても騙された。だめだなあ。

うがった見方をすれば、二つのホテルのオーナー、もしくは従業員もグルなのかもしれない。ただ、客商売のホテルがそんなことに加担するとは考えにくい。ティエンが客さえ連れてくれば、多少の悪さを知ってても黙認しているという可能性もある。一応、ホテル代はティエンに払ったから払わないよということでホテルの了解を取った。

ティエンは、最初に行ったホテルが「地球の~」に載っていることを知っていたので、このカラクリにさえ気づかない日本人被害者も多いのかもしれない。私が働いていて休暇でやってきた短期旅行者なら、多少高くても、そんなものかなあで終わりだと思う。

実害は6500円。バスは明日ちゃんと来ると思う。それが来ないなら詐欺だけど、来るなら詐欺とは言いにくい。宿代とバス代からもピンハネしているとは思うけど、それはまあ手数料と思えばいい。

男は、真ん中分けの直毛ヘア。小柄で痩せている。前歯がタバコのヤニで真っ黒なので、歯をよく見てください。その男が、バイチャイのブオンダオ通りでブラブラしていますのでご注意。名前はティエン(Tien)です。

こんなことを書いておいて、クルーズの話なんてどうでもいいんですが、一応書いておきます。料金の適正価格は18ドル。

001
朝のお迎え。ツアーを仕切っている会社と、あの男は無関係だと思う。

007
ターミナルは人でごった返していた。

016
大型の船です。この型しかありません。

022
ベトナム人ばっかり。

023
ものすごい数の船が出ています。本当にベトナムの祭日かもね。

027
うしろのデッキ。

035
他の船。

033
外人。この人はボラれてないみたい。

039
島に上陸。

040
歩いて鍾乳洞へ。

045
長蛇の列。

049
けっこう大きい。

055
島の船着き場からまた乗船。

072
ここが一番景色のいいところ。

075
大したことないでしょ。

080
途中でまた降りて、今度は小型船に乗った。ここで600円追加料金を払ったが、全員払ったのでよしとする。

088
湾の中の水は淀んでいて汚い。

096
船は竹みたいな木で編んだものを樹脂で固めてある。

098
ぜんぜん感動しない。

100
ガイドはほとんど何も説明しないが、ここだけは例外で、闘鶏だと言った。

113
ここがあの男の出没するブオンダ通りです。

明日の昼に、あの男の手配したハノイ行きのツアーバスでハノイへ行きます。あの男を見つけても、お金が返ってくるわけではないのであきらめます。オーナーだと偽ったから、詐欺にはなるとは思いますが、警察へ行ったって、こんなの日常茶飯事で取りあわないでしょうから。

教訓 不当に高いと思ったら、その場で即決せず、断固断ること!

この教訓は次回に生きると信じたい。と、言っても旅もあと三日で終わりです。

追記

ここまで書いてビールを飲みに外に出た帰りに、Tienが通りでお茶を飲んでいた。

114
写真を撮って、「お前はホテルのオーナーなんかじゃない。ツアーも18ドルが相場じゃないか。警察へ一緒に行くか、金を返すかどっちかにしろ」と言ったところ、ひるむ様子もななく、「金は代理店に支払い済みだ。本当にあれだけかかるんだ。港で確認しろ」の一点張り。

こっちはビールを飲んでいたので、腕を引っ張って連れて行こうとしたが、強硬に拒否。「明日、バスは来るんだろうな。もう日本人を騙すなよ」とだけ言って別れた。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015年5月16日 (土)

ダナンからバイチャイ(ハロン)へ・(ベトナム)

宿→(タクシー54000ドン324円)ダナン空港→9:05発(Vietjet 39.05USD・4800円)ハノイ空港→(タクシー20UD・450000ドン・2700円)ルオン・イエンバスターミナル→(バス90000ドン540円)バイチャイバスターミナル→(タクシー100000ドン600円)宿→町歩き

今日の宿 Ha Long Bay Ho Tay hotel ダブル 300000ドン(1800円)

***

009
Vietjet なんていうLCC知ってます?ちゃんと飛ぶんかいなと思ったけど、普通に飛んだ。ハノイの空港に降りて、空港ビルの案内でタクシーを頼んだら、20ドルも取られた。でも、空港のインフォメーションなので、信用するしかない。

013
やって来たのは、看板を揚げたタクシーではなく、普通のフォードだった。どういうこと?

020
走り始めてすぐに大きな橋を渡った。ホー・チ・ミンのミニ銅像をダッシュボードに置いているので、悪い人ではなさそう。

一時間ほどで、ハノイ市内のルオン・イエンバスターミナルに到着。ここからが問題。「地球の~」には、「複数のバス会社がバイチャイ行きを6:30から16:30の間に、一時間間隔で運行。所要時間2時間30分」と書いてある。

ターミナルの建物には、Ticket Officeと表示された券売所が一か所。そこへ行って、「次のバイチャイ行きは何時?」と聞いたところ、「10分後に出る。乗る?」と聞くので、切符を買って乗った。

032

中型のマイクロバス。25人乗りぐらい。発車してから、おかしいなあとすぐに気づいた。

030
このバスは、いたるところで停まって、客引きをやっては乗客を乗せたり降ろしたり。客だけならまだしも、運送もやっているようで、何か所かで荷物を載せたり降ろしたり。2時間半経ったのに着かない。

034
途中で二回ほど休憩。ろくなものが売ってないので、ソーセージとポップコーンで空腹をしのいだ。向こうにたっている暴れん坊キャラが車掌。何も言わずに手を出すので、ポップコーンを山盛りあげる羽目に。

036
結局、四時間半かかって、バイチャイのバスターミナルに着いた。あとでわかったが、バスには観光客用の直行バスと、客を乗せたり降ろしたりしながら行くローカルバスと二種類あるらしい。毎度のことながら、「地球の~」にはムカついた。

私は、移動の時は早めに宿に着いて、荷物をデ~ンと放り出して、町に出て一杯飲むのを楽しみにしている。今日もそれを楽しみにしていたのに、二時間も遅れて夕方になったので、もう完全にへこんでしまった。

035
バイチャイのターミナルからホテル街までは、タクシーしかないらしい。ボラれてるのはわかっていたけど、しかたなく乗った。ここは客をなめきっている。

040
バイチャイのホテル街。このホテル街を見て、すぐに私の嫌いな観光地だとわかった。ここはバリバリの観光地。情緒のある旧市街なんてものはない。ただただ、目の前に広がるハロン湾を見に来る観光客相手に、ホテルが乱立しただけの町。

「地球の~」に掲載の、一番安いホテル、Hoang Lan に行ったところ、今日はベトナムの祭日のため満室だそう。主人曰く、もう一軒ホテルを経営しているので、そこを案内してもらった。

主人に、ハロン湾のクルーズについて尋ねたところ、ものすごく高い。一番安いやつで、4時間6000円。いくらなんでも高すぎる。自分でツアー会社をまわるか、明日乗り場に行けば、2000円ぐらいであるだろうと思ったので、断った。

ところが主人は「うちの宿はあなたのガイドブックに出ているでしょ。そんな宿が客を騙すようなことをしたら、もうお客が来ないから、適正な料金だよ。うちで頼んでよ」なんて言う。クルーズじゃなくても、島へのフェリーなら1000円も出せばありそうだと思った。景色なんかどんな船から見ても変わらない。

もう夕方で、こんな時間から旅行会社をまわったりするのも面倒だなあ、旅ももうすぐ終わるんだから、高くても安くてもいいじゃない、この人に頼んでビール飲みにいこうよ、と、悪魔のささやき。

ああ~、面倒だ!あんたの言うクルーズにする。一番高いやつでいいよ。というわけで、4時間で9000円のクルーズに申込みました。ちょっと後悔しています。でも、もう心は日本に飛びかけてて、根性がありません。

夕暮れの町歩き開始。

041
この町は、海岸べりを開発していて、何キロにもわたって壁を立てて工事をしているので、海が見えない。最低。これはあかんやろ。

042
フェンスの切れ間から海が見えたが、埋め立て中。
 

043
海が売りの観光地なのに、海を見せてくれない。

045
かなり歩いてやっと見えるエリアに出たが、大したことはない。

046
大きな橋。

054
観光客なんか一人もいない飲み屋があった。ちょうど海が見える。

048
やっと、ビールにありつけた。

053
私は酒を飲む時は、つまみは後でね派なので、何も食べずに飲んでいたら、隣のテーブルの人が何かくれた。バナナの葉に包んで蒸したソーセージ。うまかった。ハノイの小瓶を3本飲んで60000ドン(360円)。今日はストレスが多かったでね。

056
海岸のフェンスに、工事の完成図があった。海岸を埋め立てて、一大リゾートにしようと計画している。昨日のダナンのビーチは、カンクンのごとくに巨大リゾートホテルが乱立していたが、客の姿を見なかった。きっとあの二の舞になる。いくらハロン湾が素晴らしくても、海岸がリゾートになってしまったら、しらけるやないの。やっていることが、やるべきことの真逆。ここはあかん。

これじゃあ、団体旅行の金持ちがダーと来て、買い物して帰るだけや。まあ、それでもええかもしれんけど。

063_2
人だかりがあって、何か食べていたので見たら、海鮮もの。タラバ蟹みたいなものもあって、かなり高そう。中国人が大勢食べていた。

066
フランスパンの屋台がいたので食べた。ケバブを挟む屋台はダナンでは見なかったが、これはこれでおいしかった。20000ドン(120円)。

ホテルの横で、普通のフォーをやっている屋台があったので食べた。

074
立っているのは中国人。「WiFiはないのか?」だって。屋台にWiFi飛んでるわきゃないだろ!ひったくるぞ!

072

40000ドン。まずい。一流の観光地は、一見(いちげん)さんが多いので、料理人の腕が上がらず、まずいのが相場だと思っているが、その典型。この味ではフエやホイアンでは生き残れない。

ハロン湾の観光の拠点の町は、ここバイチャイです。でも、ここははっきり言って、好きなタイプの観光地ではありません。ハロン湾が世界遺産であるのをいいことに、あぐらをかいています。

明日の4時間9000円のクルーズが良くなかったら、ハロン湾を世界遺産から外せとユネスコに手紙書いてやる。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015年5月15日 (金)

ホイアンからダナンへ(ベトナム)

宿→(ミニバス18ドル)マーブルマウンテン→チャム彫刻美術館→(徒歩)宿→町歩き

今日の宿 Lan Phung ダブル 336000ドン(16ドル)

***

朝、8:30に迎えのタウンエースがやってきて、それでダナンへ移動予定でした。ところがそのバスは三人しか乗客がおらず、うち一人はダナン観光ツアーの客。ガイドの男が、いい場所を案内するので、私もツアーに参加しなかと誘ってきた。

移動しながら観光できるのならと、追加料金を払って、ツアー兼移動に参加。

007
バスは30分もしないうちに、マーブルマウンテン(五行山)のふもとの、大理石の販売所に着いた。ホイアンからダナンまでは、約一時間半。マーブルマウンテンはその途中にある。

001
マーブルマウンテンは大理石でできた山。昔からこの山で取れた大理石の加工が盛んで、ここには販売、加工業者がたくさんある。

003
彫像の値段は、1mぐらいの仏像で40万ぐらいから。ここで買って日本に送る観光客も多いそうです。送料は船便で6万ぐらいから。

005
山にはエレベーターもある。あれに乗るのか?と聞いたところ、あれは年寄り用だと言う。ウソをつけ。ツアー代を安くあげるために歩かせるだけやろ。

大理石の階段をゼーゼー言いながら登ったら、最初にこの仏像が出てきた。

012

彫るのいいとしても、どうやって運んできたんやろか。

016
左がベトナム人ガイドのタートル。右がカナダからの旅行者のウエスト。タートルは英語が達者のうえに、盛り上げるツボを心得ていて、おもしろいことを言うので、このツアーに参加したのは正解でした。

022
山には、洞窟がいくつもあって、そこには仏像が祭られている。

030
滑りやすいツルツルの大理石の岩を登っていくと、山頂に出た。遠くに見えるのはダナンの町。

033
ボケてしまいましたが、これは大きな洞窟。ベトナム戦争の時は、ここが病院になっていて、大勢の人が収容されていたが、最後にアメリカに見つかってしまい、米兵が洞窟の上に穴を開けて、降下してきたそうです。その時に開けた穴から光が差し込んでいる。

036
ウエストが、差し込む光の中に立って、「俺は神になったみたいだろう」と喜んで、何枚もタートルに写真を撮らせていた。

039
火炎樹。日本語では burining fire tree と言うんだよとウエストに説明したら、妙に感心された。

041
タートルは時々クイズを出して盛り上げる。「屋根の上に三枚の絵があるけど、何が書いてあるかわかる?」

「簡単じゃないか。あれは仏陀の一生さ」と私が答えたら、「正解!high five!」と言ってハイタッチ。まあ、お寺に書いてある絵はだいたいそんなとこでしょ。

043
山からみた麓の集落。ほとんどが大理石加工業者。今はもうマーブルマウンテンからの切り出しはしていないそうですが、全国から取り寄せて、ここで加工しているそう。

045
山の寺には、10人の僧侶が住んでいるそうで、お経を読んでいる人もいた。

046
山門。ここで休憩して、タートルがあれこれ世間話。タートルは32歳で10か月になる娘がいる。小さいながら、旅行代理店を経営。ウエストも32歳で独身。エンジニアをしていたが、辞めて旅に出たという。

「拓は何をしているの?」と聞くので、「もう二年も旅をしてるよ。94カ国に行ったけど、ベトナムが最後の国で、来週日本に帰るのさ」と言ったら、「きっとすごい金持ちなんだね」とタートル。そりゃあ、タートルから見れば金持ちかなあ。

ウエストがお決まりの質問をした。「どこが一番良かった?」

それには答えなかった。本当に、この質問には困ってしまう。今まで食べた中で何が一番うまかった?今までで一番うれしかったことは?と同じで、そんなのわからへん。

マーブルマウンテンを終わって、また車に乗ってダナンの町へ。途中、海沿いの道を走った。

049
ダナンのビーチはベトナム屈指のビーチリゾートホテルがたくさん建っている。カジノまであった。

「なぜ誰も泳いでいないの?」と聞いたら、「ベトナム人は日焼けしたくないので、泳ぐのは早朝か夜だけ」だって。

053
ダナンの町。なかなかの都会です。

063
続いて連れていってくれたのが、チャム彫刻博物館。

066
この美術館は、ミーソン遺跡から発掘されたものを中心に、チャンパ文化の遺跡で発掘された彫刻を展示している。

069
チャンパ文化はヒンズー文化。リンガを説明してもなかなかウエストが理解しないので、○○○!とわかりやすく説明してやった。

072
知り合いのガイドと盛り上がるタートル。ちなみにタートルは外人向けの名前で本名はベトナム語でカメだそうです。発音は忘れた。

075
ミーソンはホイアンの南西45キロにあるので、昨日行こうか迷ったけど、ここで出土品を見たからまあよかった。

この博物館で、みんなとお別れ。彼らはホイアンに帰っていき、私はそこから宿まで歩いた。

083
橋の真ん中が竜のオブジェになっているドラゴンブリッジ。

ものすごく暑い。汗ダラダラ。歩いている人はほとんどいない。時折バイクタクシーやタクシーがやってきて、何をこの暑いのに歩いているんだ、乗れ!という感じで言うが、無視して歩いた。

092
ハン川沿いの途中のバーで一杯。タイガービールがホーチミンの倍の値段。ジョッキ二杯で60000ドン(360円)

宿は「地球の~」を見て決めたが、この町には安宿街がないみたい。この町は、明日ここから飛行機に乗るために来ただけやでね。

荷物を置いて、近所を散策。

109
ここもバイクがやかましい。

108
宿の近くに、「地球の歩き方」に出ているミー・クアンという麺の店があったので行った。料理の名前もミー・クアン。これは日本のうどんに近い麺。あんまりおいしくなかった。40000ドン(240円)。モークアン。

111
フランスパンをサンドイッチにして出す屋台があちこちにあって美味そうだけど、パン派ではないので食べてない。それにしても、コーヒーの店が多い。

宿で一休みして、ビールを飲みに出た。ビールを出す店が何軒かあって、そのうちの一軒でハイネケンを飲んだ。ところが、つまみのメニューがまったくわからん。みんなが食べているものを見回したが、大勢で食べる鍋やら、好みに合わないようなものばかりだったので、ビールだけ飲んで店を出た。

113

歩いていたら、大衆食堂があって、お皿に盛ってある料理を見て選べる店があった。それでも、盛ってあるものがようわからん。イカ、鳥肉、牛肉、ホウレンソウなど、見てわかるものばかりを選択。全部で40000ドン(240円)。普通においしかった。

明日は大移動で、一気に北上してハロン湾まで行く予定です。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015年5月14日 (木)

ホイアン散策(ベトナム)

宿→(徒歩)市内散策→(フェリー片道1ドル)キムボン村→宿

今日の宿 Hop Yen シングル 10ドル

***

001
宿の前の通り。今日も暑いです。

010
旧市街を歩いていたら、こんなことをしている人がいた。噂のドローンってやつですか?何人(なにじん)か聞いたら、ベトナム人。どうも写真関係の人で、町の空撮を撮りたいみたい。

002
旧市街を流れるトゥボン川前の喫茶店で朝のコーヒー。

003
ベトナムコーヒーくださいと言ったら、これが出てきた。普通のカプチーノのような気がするけど。全部で40000ドン(240円)。

030
市場で朝飯。

019
観光客も食べている。

016
変わったものをと、これを注文。でも、これはフエで食ったやつと同じ味。変形バージョンやね。フエのやつの方が美味しかった。25000ドン(150円)。

021
口直しにこれを食べた。これはお餅みたいな衣の中に、エビみたいなものが入っていてうまかった。25000ドン。

麺の他にあるものといえば、

026
こんなやつや、

023
こんなやつなど。

034
あったぞ~。これが噂のベトナムコーヒーやね。ドリップしてよ、と頼んだが、もうドリップ済みで原液がビンにいれてある。そこから出して、コンデンスミルクと混ぜて、氷入りのアイスコーヒーにして出してくれた。うまい。濃い目のコーヒー牛乳という感じやね。15000ドン(90円)。

059
市場の外で行商するおばちゃんたち。

047
立ち話するおばちゃんたち。

054
漁に出かけるおばちゃんたち。

066
伝統音楽コンサート会場でショーを見た。

088
歌あり、踊りあり、ビンゴ大会あり。ビンゴで当たった人は、写真にあるランタンがもらえる。

102
一番ウケていたのは、この人たちの踊りを見て一緒に踊る赤ちゃん。

117
福建会館。

119
福建省というのは、華僑の人が世界中に散らばっていった場所やね。もちろん今でもこの町には大勢の中国系の人が住んでいる。
天井から赤い線香がぶら下がって燃えていた。

123
廣勝家(こうしょうけ)。この家は築300年で、六代にわたって今も人が住んでいる。写真のおじさんはこの家の六代目。切符を切ってくれたので、これで生計を立てているみたい。

124
旧市街の家は、間口が狭く、奥が細長い構造になっている。奥に行ったら、若い子が一生懸命餃子を作っていて、今日の晩御飯だって。

126
今度は、進記家(しんきけ)。この家は、ガイドが何人もいて、売店もあり、手広くやっている。前の家と同じようなつくりで、うなぎの寝床構造。築200年で、現在は七代目が住んでいるという。

138
この写真の右の方にある黄色の線は、ここ20年ほどのうちで、川が増水した時の水位。写真には写っていないが、もう一か所上にあって、そこは水位が3メートルぐらい。

141
天井には増水の際に荷物を二階へ上げるための窓が開けてある。

144
高級レストランで、一番安いベトナム白ワイン(50000ドン300円)を飲んでみた。あまり冷えてないし、味もイマイチ。ベトナムワインはまだまだかなあ。他の国のワインも各種置いてあるけれど、グラスで1000円近くするので、手が出ない。

156
市場へ行き、昼飯にチキンライス。25000ドン(150円)。まあまあでした。麺はうまいけど、ご飯ものはイマイチかなあ。

162
船着き場にフェリーが停まっていて、「外国人もどうぞ、1ドルです」と書いてあったので乗ってみた。行先は知らない。

164
途中ですれ違った同型のフェリー。バイク満載。これじゃあ遠くへは行かないでしょ。

169
10分ほどで到着。みんなバイクに乗って一斉にどこかへ行ってしまった。しかたなく一人で散策。人があまりいない。バイクは時々走っていたが、車は一台も見なかったので、島かもしれない。

175
人をみつけて聞いたところ、どうも木工のキムボム村という場所らしい。

一時間ほど歩いたが、な~んにもなくて、木工の土産物屋がある程度。

185
大きな船を作っていた。

いったん宿に帰って休憩。

夜になって、昨日食べた麺が忘れられずに、今日も食べに行った。

200
ライトアップされた来遠橋。夜は昼間の何倍もの人出。

たぶん観光客は、昼間は暑いので、宿でくつろぐか、マッサージ、またはSPAとか言って、足をお湯に浸けたあとで、爪を切ってもらうというような、くだらないことをやっている。そういうお店がたくさんあって、賑わっている。爪ぐらい自分で切らんかい!

201
昼間より賑やかで、むしろ夜を見ないといけない。

205
たくさんの灯篭が流れていく。昼間、市場で働いていたと思われるおばちゃんたちが、夜は紙灯篭売りに変身して、買って川に流せとせまる。誰が回収しとんねん。

218

あんたら、見つめ合って記念撮影しても、そんなんは一時やでね。もう今晩喧嘩するかもね。

219
昼間は何もなかった通りが、土産物の屋台でいっぱい。

212
ホイアン、すばらしいです。

明日はダナンへ移動だなん。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015年5月13日 (水)

フエからホイアンへ(ベトナム)

朝8:00迎えのバスから乗り換えて大型バスでホイアンへ(100000ドン600円)→ホイアン着13:00→(バイクタクシー50000ドン)宿→(徒歩)町歩き

今日の宿 Hop Yen シングル 10ドル

***

007
ボロバスでした。30キロ以上は出さず、ゆっくり運転。途中一か所で昼飯休憩。例によってフォーを食べた。

バスの車窓を眺めながら思ったが、やっぱり移動は陸路でなくちゃ。アジアはLCCで周ると決めて、空路で移動してきたが、よくない。何がいけないかというと、空路で行くと、旅してる感が減る。極端なことを言うと、今どこの国にいるのかを考えないとわからない時がある。

陸路で移動すれば、国境でヤミ両替に両替してもらったっり、イミグレの長い列に並んで国境を越えて、また次の国のイミグレへ。それを抜けると、車窓には、新しい国の風景が始まって、違う国に来たんだという感じがする。陸路でしか見えない景色、わからない事がある。それが大事。

私のたどったルートでいえば、シンガポールからはマレー鉄道に乗って北上し、あとは全部バスで移動した方がよかったと思う。飛行場に行く時間や待ち時間を考えると、飛行機の方が格段に利便性が高いというわけでもない。
陸路なら、夜行という選択肢もあるし、その場その場で自由に日程を変えることができる。

011
バイクタクシーでやって来た宿はここ。人のブログや「地球の~」を参考にここにしたが、このあたり一帯が宿屋街で、似たような宿がたくさんあるので、探せばもっといい宿がありそうな感じ。部屋はやや狭い。荷物をおいて出動。

015
旧市街の何か所かにチケット売り場があって、5枚つづりのチケット(入場券)が120000ドン(720円)。
ここホイアンの旧市街は、町並全体が世界遺産に登録されていて、その建物のうち何か所かはチケットがないと入場できない。

027
古い町並みがよく残っている。こういう世界遺産は好きです。

040
まずは、来遠橋(日本橋)へ。これは1593年に、日本人によって造られた橋。かってこの町には日本人町があり、最盛期には1000人以上が居住していたそう。でも、日本の鎖国政策により衰退したそうです。

026
この橋は屋根付きで、部屋もある。

029
部屋の中からの景色。

030
橋の切符切りのお姉さんたち。ここがメインの観光スポットやね。

035
憑興家(ひょうこうけ)。200年まえの貿易商の家。

032
ベトナム、中国、日本の建築様式を採用しているそうです。

033
二階の窓から。

042
ここは、日本でいうなら、高山の上三之町あたりの感じ。町並が残っていて、土産物屋、飲食店、宿がたくさん。

045
海のシルクロード博物館というサブタイトルに魅かれて、貿易陶磁博物館へ。

047
沈没船から引き揚げた陶器が展示してあったが、大した内容ではなかった。

048
こういう船で運んでいたんやね。

068
土産物用にランタンを売っている店が多い。

051
ホイアン民族博物館。

052
この辺りは養蚕がさかんだそうで、シルク製品の展示なのども多かった。

057
暑いですよ~。

059
大勢の人が作業をしていたので何かと思ったら、取って来たツバメの巣をきれいにして製品にしているところだった。ツバメの唾食べて、何がうれしいんかな。

061
たくさんの観光客で賑わっています。正しい世界遺産。合格。

064
土産物屋。

065
ホイアン歴史文化博物館。正直言うと、チケット買って見る割には、どこも内容は大したことはない。むしろ、建物というか、町並とその雰囲気に価値がある。

072
氷の字が見えますか。あんまり暑いので入りました。女の子に聞いたら、日本のかき氷だという。メニューの写真には、ふんわりとした白いかき氷があって、店には、昔懐かしい、かき氷の機会がある。60000ドン(360円)は高いが、食べたくなって注文。

070
出てきたのがこれ。氷をハンマーで潰したようで、かき氷になっていない。「こんなのは日本ではかき氷とは言わないよ。機械の使い方をしらないの?」と言ったら、「今、小さい氷しかなくて、ごめんなさい。40000ドンにするので、食べて下さい」だって。かわいい子だったので許してあげた。

078
川は、他のアジアの国と同じで、きれいではない。やっぱり日本の川は特別なんやろうなあ。

083
暑いのでワインを飲んでみた。Dalatという品種がこのあたりの品種だそうです。冷やしてないのね。白にすべきでした。

さて、夜になり晩飯。レストランに入って、メニューとにらめっこしたが、よくわからない。grilled pork というのがあったので、それにした。

093
串に挟んんで焼いた豚肉を、野菜と一緒にライスペーパーに巻いて、タレにつけて食べるもの。こういうものが出てくるとは知らずに、ライスも注文した。

でも、これって、さっき道端の屋台で何人ものおばちゃんが焼いていたものと同じ料理なんですけど・・・。しょうがないので、米も一緒に巻いて食べた。韓国焼肉とほぼ同じ味。サニーレタスにもう一枚ライスペーパーを挟んだ感じ。普通にうまかった。料理は59000ドン(354円)。でも、満腹感がないので、さらに夜の町へ。

105
夜も大勢の人出。ここは安全な町ですね。(自己責任で行動してくださいね)

116
このフォーは、今まで食べたフォーと違って、汁が少ししかない。麺も白くて細いやつではなく、太くて黄色い。豚の皮のフライと、チャーシューたっぷりで美味しかった。30000ドン(180円)。一日で、どんなに食べ過ぎても、ベネチアでの晩飯一食分にも遠く及ばない。

142
夏祭りのように賑やかな川べり。

145
橋もライトアップ。

135
夜の方がきれいかも。

134

ここは気に入ったので連泊します。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015年5月12日 (火)

ホーチミンからフエへ(ベトナム)

宿→(バイク100000ドン600円)空港→7:15発(ジェットスター4784円)→フエ着8:40→(バス50000ドン300円)→ハノイ通り→宿→町歩き

今日の宿 Vong Canh 10ドル(210000ドン)

***

朝五時に宿の前からバイクタクシーで空港へ。実は、昨日までは宿で頼んだタクシーで空港へ行く予定でした。ところが昨日、宿へ連れて行ってくれた客引きの兄ちゃんに通りで会った。そいつはATMの場所を教えてくれたりして親切にしてくれて、俺のバイクに乗ってくれと会うたびに言っていた。

義理立てして、「明日の朝五時に空港へタクシーで行くけど、バイクで送ってくれるなら、あんたのバイクで行くよ」と言ったところ、行くと言う。それで、ガソリンがないから前金でお金をくれというので、それは断った。でも断ってから、ちょっと怖くなった。

前金でくれなんて、おかしい。お金を取っておいて、明日の朝姿を現さない程度のことならいいが、仲間のところへ連れて行って、殺されるのではないか。自分も被害者のフリをして知らないということだってできる。

朝が来て、待ち合わせの場所に行ったが、その男はいなかった。代わりに、チェンという男がいて、昨日の男から代わりに送って行くように頼まれたという。でも、私はその男と面識がない。まだ暗い中、まったく知らないやつのバイクに乗ってだいじょうぶかと迷ったが、無事に空港まで約束の料金で送ってもらった。

こうやって思うと、私のやっていることはスキだらけ。ちゃんと宿で手配してもらったタクシーに乗るべきだった。もっと言うなら、朝5時に移動しなければならない早朝便にすべきではなかった。でもLCCは、早朝の時間設定が多い。

017_2
今日はジョットスター。一見、古い機体のエアバスA320。

フエ空港に着いて、空港の前にバスが停まっていたので、それに乗った。着いた場所はホテル街のハノイ通り。バスを降りて宿探し。二軒目で安くて快適なホテルを見つけた。さっそく荷物を置いて町へ。

025
あの橋を渡って、王宮のある旧市街へ。

026
お堀を渡って城壁の中へ。

029
031
戦争博物館。

035
お堀沿いに歩いていたら、ベトナムの坊さん?から写真を撮ってと頼まれた。

039
門の前にあるフラッグタワー。

042
王宮門。中央の閉まっている門は皇帝専用。私は左の門から入場。150000ドン(900円)

44
奥に見えるのは太和殿。紫禁城のミニュチュア版だそうです。

049
1802年から1945年まで、この国を支配したベトナム最後の王朝、グエン朝は、中国を手本にした王朝だったそうです。

053
残念なことに、建物の大部分はベトナム戦争で破壊され、再建されたもの。

055
ホアヒン門。

060
裏の城壁。

066
展示してあるものは漢字のものばかり。

068
これは比較的よく再建されているが、保存状態はよくない。

069
071
072
これは、左が戦火で焼ける前の王宮門で、右が再建後。もとの建物が随分鮮やかな色だったとわかる。どうせ再建するなら同じようにすればいいのに。いろいろ事情があるんやろうね。

076
ヒエンニョン門を出て終わり。

078
町を歩いていたら、いい匂いがして、「おいしいよ~」と日本語で言う。

083
「地球の~」で調べたところ、バイン・コアイというもの。お好み焼きのような生地に、鳥肉、エビなどをくるんで焼いたもの。食べ方を教えてもらったところ、下にサラダを敷いて、その上にバイン・コアイを乗せて、ピーナッツベースのソースをかけて食べる。これはうまかった。バイン・コアイ25000ドン、ビール28000ドン。合計318円。

088
火炎樹が燃えています。

092

マンゴージュースが15000ドン(90円)。おいしいかった~。あとからもう一回飲んだ。

099
学校の制服だと思うけど、バイクに乗ったお姉さんがかっこよかったので。

103
ろくでもない観光客の店でビールを飲もうとしたら、いずこも高い。高いと言っても一本300円ぐらいだけど、ホーチミンでは100円以下だった。歩いていたら、地元の人が飲んでいる店があったので座って飲んだ。

フーダというビールが15000ドン(90円)。これは昨日ブログに書いたけど、ホーチミンではジョッキで8000ドン(48円)で出しているやつと同じ味。ここはやっぱりビールが高い。世界遺産のある観光地やからやね。

店先に座っていたら、隣で孫を連れたおじいちゃんが話をしていたので、孫をあやしながら飲んだ。赤ん坊は時々笑ったりするだけで、あんまり反応しないけど、それでも見ていて飽きない。

104
ボケましたが、右手に赤ちゃんがいます。

しばらく歩いたら、屋台でやけに赤いフォーを食ってる人がいたので、食ってみた。

109
112
こんな感じで出てきますが、味は普通に美味しくて、特にホット(辛い)ではなかった。

115
こうやって好みで野菜を入れます。間違ってもトウガラシは入れません。置いてある箸があまりに汚かったので、マイ箸を使いました。30000ドン(180円)。おいしい!

本当は、この町で三泊する予定でしたが、やめて明日移動予定です。アジアの旅を計画した時、旅の期間が一か月しかなかったので、移動手段として飛行機(格安チケットなので、変更できないLCC)を選択。そのため、何かあってもいいようにと、日程をゆったりと計画した。

一つの都市に三泊以上するように計画してチケットを手配したが、一か所に三泊は多過ぎる。以前の旅だったら、その日どこに泊まるかも決めてなかったし、見るもの見たら、さっさと移動していたので、例えばヨーロッパの時なんて、夜行で到着してまた夜行に乗ったなんてことがザラだった。それがスリルがあっておもしろかったが、今回のアジアの旅ではそういう醍醐味がない。

結果としてダラダラと油断しながら町歩きをして、iPadminiをひったくられた。そこで、あと残り十日足らずだが、以前のように忙しく動く旅に戻すことにした。もちろん飛行機の日程は変えられないのでできる範囲で。

もう一つ、今日の宿の連泊をやめた理由がある。今日の宿はとってもいい宿で、アジアで泊まった宿では一番いい。部屋も設備も文句なし。部屋のWiFiも高速快適。値段も10ドルとお値打ち。最初は三連泊決定と思った。お金を払う時に、一泊分だけ先に払うことにして、「ドンで払いたいけど、いくら?」と聞いた。

"Two hundred and ten."という返事。210万ドンだと思って、財布から210万ドン出して払った。部屋へ行ってから、210万ドンではなく、21万ドンの間違いだと気づいた。ベトナムの人たちは、ゼロを三つ取っていうので、210と言ったら21万ドンのこと。つまり私は10倍の料金を払ったということ。それに対してフロントの兄ちゃんは涼しい顔して、210000ドンの領収書をよこした。

すぐにフロントに戻って、「今、勘違いして210万ドン払ったよ」と言ったところ、「そうだった?気づかなかったな~」と机を開けて、輪ゴムで止めてある今払ったばかりの札束を出して、189万ドン返してくれた。

これって、悪意があると思いませんか?いくらなんだって、10倍の宿泊料を勘違いして受け取るなんてことある?もうこれでいっぺんに嫌になって、連泊中止。こんな宿にパソコン置いて行ったら、いくらカバンに鍵かけておいても心配。日本人はゼロ四つで万と数えるが、英語ではゼロ三つでサウザンドと数えるからややこしいんやね。
100ドルが2100000ドンなんてのもややこしい。日本人の中には桁を間違えても気づかない人がいるんじゃないだろうか。デノミをやってくれ。

明日は、ダナン、もしくはホイアンへ行きます。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015年5月11日 (月)

ホーチミンはバイクがやかましいよ~(ベトナム)

宿→ベンタイン市場→人民委員会→ホチミン市博物館→宿

今日の宿 Guesthouse Dang トリプル仕様 12ドル 連泊

***

今日も元気に歩きます。

003
朝の交差点。

004
信号が青になると一斉にスタート。左折も右折も一度に来る。歩行者用の信号なんてものはない。このバイクの波を避けながら横断する。もう、うっとうしいったらありゃしない。

006
ベンタイン市場。

007
みんな日本語で話しかけてくる。うざ~い。

008
飲食店がたくさんあるが、観光客目当てなのか、やや高い。

011
ドライフルーツをお土産にどうぞ、だって。

012
ベトナムコーヒーをお土産にどうぞ、だって。

014
五月みどりさん似の人の店で朝飯。

016
40000ドン(120円)。おいしい!これを日本で食べたら、美味しいだろうかと考えると、やっぱり香辛料がクセがあって、どうかなあ~。

017

あれ~、これは日本人用か?

025
人民委員会の建物。美しいコロニアルです。この前の公園にホーチミンの銅像があるのですが、修復中でした。

028_7
ホーチミン市博物館。

029
コロニアルです。とか言いつつ、お姉さんを撮っただけです。

031
展示品はようわからんものばっかですが、建物はすばらしいです。

032
誇らしそうに置いてある。

035
展示。こういった、戦争関連が多かったが、内容はようわからんかった。

043_4
シクロも時々見かけるが、そう多くない。

047
マックに入ってみた。

050
ソフトクリームが25000ドン(150円)。バリューセットみたいなやつは400円以上するので、そう安くはない。客の入りもイマイチ。

085
お約束の時間になって、ブイビエン通りでビール。この店では、このサイゴン450mlが12000ドン(72円)。

BIA TUEI 33という生ビールが、中ジョッキ一杯8000ドン(48円)で、みんなはそっちを飲んでいたので、それも飲んだが、あまり美味しくなかった。

087
みんなこんな感じで飲んでます。カオサンと大きく違う点は、カオサンは歩行者天国になっているのに、ここは通りをバイクがビュンビュンと走る。バイク見ながら、排気ガスさかなに飲んでいるようななもの。夜が更けてくると、これに大音量の音楽が加わる。

089
隣で飲んでいたタイ人のおじさんに教えてもらったが、赤ラベルのサイゴンEXPORTは、値段はサイゴンと同じで、量が少しすくないが、アルコール度数がサイゴンよりも高い。これはおいしいです。

091
バイクが走る様子や、

094
こんがらがった電線を見ながら、ビールを飲むのが、ろくでもない旅人のブイビエンでの過ごし方です。

明日は、早起きしてフエ行きの飛行機に乗ります。

↓応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ