旅はまだまだ続く

2021年2月 1日 (月)

旅はまだまだ続く(アラスカ)

アラスカと聞くだけで、過去にたくさんワクワクした思い出がよみがえってきます。

野田知佑さんが毎年のように下ったユーコン川。

植村直己さんが眠るマッキンリー。

星野道夫さんがの暮らしたフェアバンクス。

たくさんの本や写真集。オーロラ。

遠い昔、レンタカーを借りてアラスカを縦断して、デナリ国立公園でキャンプしてと夢見ていました。

コロナがおさまっても、もうアラスカに旅することはないだろうと思います。

私の旅したいアラスカは、ツアーで行くアラスカではなく、個人で行ってキャンプするようなアラスカ。

もう10年前なら大丈夫だったと思うのですが、今はちょっとそこまでのガッツがありません。

アラスカは永遠の憧れの場所として、写真集や本の中にあれば十分です。

 

 

2021年1月 1日 (金)

旅はまだまだ続く(イエローストーン)

「今まで行った場所でどこが一番良かった?」と聞かれることがごくまれにあります。
そんな時私はイエローストーンと答えています。

イエローストーンは世界一周で行ったのではなく、それ以前、2006年と2007年の二回行きました。
私が書いたイエローストーンの旅ブログは、もう削除してしまったのでありませんが、2007年の旅は、一緒に行った従姉妹がブログに残していますで、興味のある人は読んでみてください。

ブログの最初のページ

イエローストーンへの行き方

イエローストーンWikipedia

イエローストーンYouTube

イエローストーンは世界初のアメリカの国立公園です。

何が素晴らしいかというと、たくさんの野生動物が見られるということ。グリズリー、オオカミ、エルク、ムース、プログホーンなどを見ることができます。
2006年に行ったとき、車で大きなカーブをまがって行くと、木陰に、大きな角を持った体長3メートル以上と思われるエルクが座っているのが突然現れました。
初めて大きなエルクを見た時の感動は今も鮮明に残っています。
また、もう一つの楽しみは世界最大の間欠泉オールドフェイスフルガイザーなどの美しい自然です。
グランドテットンの山々の美しさは言葉では言い表せません。

私はもう一度ここへ行きたいと思っていますが、なかなかハードルが高い。
①動物をたくさん見ることができる観光シーズンは夏の三か月(7月~9月)に限られる。
②公園内はレンタカーか現地ツアーでしか周れない。
③日本からだと最低3回は乗りかえが必要。
④公園内の宿は人気が高く、半年以上前に予約(前払い)する必要がある。特に人気の世界最大のログハウス、オールドフェイスフルインは一年前に予約が一杯になってしまう。

それでも、ここへは行く価値があると思います。
私にとっては別格の場所です。2007年に行った時、もう13回目だという日本人の夫婦に会いました。
それほど素晴らしい場所です。

2020年12月 1日 (火)

旅はまだまだ続く(ポタラ宮)

ポタラ宮Wikipedia

ラサ(阪急交通社)

清蔵鉄道Wikipedia

ポタラ宮はダライ・ラマが亡命する前に生まれ育った宮殿ですね。リチャード・ギアの伝記の中で、彼が自転車でラサの町をあちこち歩きまわるくだりがあって、いいな~と憧れたものです。

そして、ブラピの「セブン・イヤーズ・イン・チベット」もラサの町が舞台になっていて、また憧れました。

清蔵鉄道が開通すると、ますます行きたいと思いました。

ただ問題はビザや当局との関係もあり、個人で行ってあちこちかってに歩くのはちょっと難しそう。(以前はそうでした。今は調べてないのでよく知りません)

ツアーでの旅をよしとしない私としては、一人で行って、町中を自転車であちこち走り回りたい。

いつかそんな日がくることを夢みています。

2020年11月 1日 (日)

旅はまだまだ続く(マディラ島)

マディラ諸島Wikipedia

フンシャルの夜景

随分昔にマディラ島の夜景の写真をネットで見て以来、いつか行きたいと思っています。

マディラ島の見どころは、島全体に張り巡らされた「レバーダ」と呼ばれる水路と、フンシャルの夜景。

そして夜はマディラワイン。

この島はクルスチャーノ・ロナウドの故郷でもあり、空港には彼の名前が付けられています。

こんな小さな島のどんなサッカー場で練習したんでしょうか?

いつかマディラ・クリスチャーノ・ロナウド空港に降り立つ日を夢見ています。

 

2020年10月 1日 (木)

旅はまだまだ続く(平遥古城)

世界一周から帰って五年が経ちました。

その後、海外への旅は、オーストラリアに二回(ケアンズ、メルボルンとタスマニア)と香港に一回一行きました。

コロナウイルスのせいで、今のところ簡単には外国へ行けない状態が続いています。

でも、まだまだ行ってみたい場所はたくさんあって、行けるのはいつになるのかと思う今日この頃。

備忘録的に、行きたい場所を時々書いて行こうと思います。(できれば月一回程度)

今一番行きたいところは平遥古城です。

平遥古城Wikipedia

参考ブログ

北京から高速鉄道で4時間の距離にあるので、コロナがなければいつでも行けるのですが・・・。

ここは何年も行きたいと思っているのですが、結局行っていません。

城郭都市はなんと魅力的なんでしょう。

しかも、ここはほぼ完全な形で保存されていて、中の町に人が住み、町がまだ生きている。

ネットで写真を見て、いつか行きたいと思っています。

その他のカテゴリー

ルート(都市別)さくいん 観光地別(五十音順)さくいん 旅の役立ち情報(準備編) おすすめ記事一覧 お金の話 世界一周準備 旅のはじめに 1ドイツ 2フランス 3ルクセンブルグ 4ベルギー 5オランダ 6スペイン 7ポルトガル 8モナコ 9イタリア 10バチカン 11サンマリノ 12スイス 13オーストリア 14ハンガリー 15スロバキア 16チェコ 17ポーランド 18デンマーク 19スエーデン 20ノルウエー 21フィンランド 22エストニア 23ロシア 24トルコ 25ブルガリア 26ルーマニア 27セルビア 28ボスニア・ヘルツコビナ 29クロアチア 30モンテネグロ 31コソボ 32アルバニア 33マケドニア 34チュニジア 35モロッコ 36イギリス 37メキシコ 38キューバ 39ベリーズ 40グアテマラ 41ホンジュラス 42エルサルバドル 43ニカラグア 44コスタリカ 45パナマ 46コロンビア 47エクアドル 48ペルー 49ボリビア 50チリ 51アルゼンチン 52 ウルグアイ 53パラグアイ 54ブラジル 55南アフリカ 56ナミビア 57ボツワナ 58ザンビア 59ジンバブエ 60レソト 61スワジランド 62モザンビーク 63マダガスカル 64マラウイ 65タンザニア 66ブルンジ 67ルワンダ 68ウガンダ 69ケニア 70アメリカ合衆国 71カナダ 72ヨルダン 73アラブ首長国連邦 74オマーン 75カタール 76バーレーン 77クウェート 78イスラエル 79パレスチナ 80グルジア 81アルメニア 82イラン 83インド 84ネパール 85タイ 86オーストラリア 87ニュージーランド 88インドネシア 89シンガポール 90マレーシア 91ミヤンマー 92ラオス 93カンボジア 94ベトナム  セイラー・ボブ・アダムソン  セイラー・ボブ・アダムソン・ふたたび セイラー・ボブ・アダムソンの教え 旅の終わりに 旅はまだまだ続く

カテゴリー

無料ブログはココログ